フェイスブックとインスタグラムに「NFT投稿機能」実装、米メタ

フェイスブックとインスタグラムに「NFT投稿機能」実装

米メタ(Meta)提供のフェイスブック(Facebook)およびインスタグラム(Instagram)に、NFT投稿機能が実装されたことが8月29日発表された。

この機能はアジア太平洋、アメリカ大陸、アフリカ、中東の100カ国以上で、一部のユーザーを対象に提供されていた。

ユーザーは自身のweb3ウォレットを両アプリケーションに接続することで、保有するNFTを投稿できるようになるとのことだ。

なお編集部が両アプリを確認したところ、記事執筆時点でフェイスブックでは接続メニューが見当たらなかった。しかしインスタグラムでは、アカウント画面の右上メニューの中から「デジタルコレクション」が選択できるようになっており、そこからウォレット接続できることが確認できた。選択できるウォレットは「Coinbase Wallet」、「Dapper」、「MetaMask」、「Rainbow」、「Trust Wallet」となっている。

ただし、それ以外のウォレットについてはデスクトップ版から設定することが指定されたが、デスクトップ版では「デジタルコレクティブ」となっており、選択してもアカウント画面に戻されてしまう状態だった。

なお対応NFTはイーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、フロー(Flow)となるが、ソラナ(Solana)にも対応する方針であることが5日に発表されている。

関連ニュース

インスタでNFTサービス、100カ国以上で提供へ、イーサリアム・ポリゴン・Flow・ソラナ対応

米メタ、暗号資産取引や決済サービス「META PAY」の商標申請明らかに

米メタ、デジタルウォレット「Novi」サービス終了へ

米メタ、メタバース体験ができる実店舗を開店へ

メタ、フェイスブックやインスタなどアプリ内で暗号資産(トークン)発行か

参考:メタ5日の発表日本語
images:ロイター

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored