イーサリアムネームサービス(ENS)がクレジットカードで購入可能に、ムーンペイ連携で

MoonPay、ENSのドメイン名を法定通貨で購入可能に

「イーサリアムネームサービス(Ethereum Name Service:ENS)」で取得したドメイン名が、法定通貨で購入可能になった。暗号資産(仮想通貨)決済スタートアップのムーンペイ(MoonPay)が4月21日発表した。

「ENS」は、複雑な文字列から構成される暗号資産のウォレットアドレスを認識しやすい「任意の文字列」と紐付けることができるイーサリアムブロックチェーン基盤のアドレスネーミングサービスだ。インターネットにおけるDNS(Domain Name System)のようなサービスとなる。

今回ムーンペイでは、同社提供のクレジットカード決済ソリューション「NFTチェックアウト(NFT Checkout)」の活用により、ムーンペイのユーザーがクレジットカードを使用して「ENS」でドメイン名を購入できるようになったとのこと。

「NFTチェックアウト」は、ブランドやクリエイター、マーケットプレイスが提供するNFTを、ユーザーが暗号資産ではなくクレジットカードを使用して購入できる決済ソリューションとなっている。

なおムーンペイは今年1月より暗号資産サービスプロバイダーのビットペイ(BitPay)と連携。ビットペイのユーザーが60種類以上の暗号資産にアクセス可能になった。またムーンペイは昨年6月にマスターカードとの提携を発表している。

ムーンペイは、2021年11月にはシリーズAで約630億円(5億5500万ドル)の出資を受け、昨年4月には同シリーズの追加調達として約109.2億円(8700万ドル)の出資を受けている。

関連ニュース

参考:MoonPay
デザイン:一本寿和
images:iStock/Who_I_am

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない