米ジェミナイがインドに開発拠点を新設、現地での積極採用も

アジア太平洋エリアの新CEOも任命しグローバル事業拡大へ

暗号資産(仮想通貨)取引所運営の米ジェミナイ(Gemini)が、アジア太平洋地域(APAC)の新たな最高経営責任者(CEO)を指名し、インド共和国に新たな開発拠点を設立することを発表した。

ジェミナイは4月20日の声明で、アジア太平洋地域(APAC)のCEO(最高経営責任者)として、プラブジット・ティワナ(Pravjit Tiwana)氏を指名したことを発表。同氏はジェミナイのグローバルCTO(最高技術責任者)の職も引き続き兼務するとのこと。

また同日ティワナ氏は、ジェミナイがインドのハリヤナ州グルガオンに開発センターを開設し、現地で積極的な採用活動を実施することを発表している。

ティワナ氏は声明で「私たちは一企業の立場から、インドの卓越したエンジニアリングの歴史に深い尊敬と称賛の念を抱いており、インドは高い技術力を持つ人材の宝庫であると見ています」と述べている。

同開発センターは、ジェミナイにおいて米国に次ぐ規模の開発拠点になる予定で、米国・英国・アイルランド・シンガポールの既存オフィスを補完することになるとのことだ。

インド開発拠点では、NFT及び暗号資産マーケットプレイスの新機能開発のほか、コアプラットフォームの基礎の開発として、次世代Webやモバイルのユーザー体験・コンプライアンス・データパイプライン・ウェアハウジング・セキュリティ・決済等幅広い分野の開発を行うという。

また、グルグラム(旧グルガオン:インド北部のハリヤーナー州に属する都市)オフィスで働くメンバーを積極的に採用することを発表。採用ページには、複数のエンジニアリング職を始め、プロダクトマネージャーやジェミナイインドの副社長など18の職種が募集されてる。

なおジェミナイはかねてよりAPACの機関投資家やユーザー拡大へ向け、シンガポールでのビジネスチーム拡大にも注力していた。

ジェミナイは4月21日、米国以外のユーザーへ向け、デリバティブ取引を提供するプラットフォーム「ジェミナイ・ファウンデーション」を近日中に立ち上げることを発表している。

関連ニュース

参考:ジェミナイジェミナイ②
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資