ジンバブエ中銀、金裏付けのデジタル通貨を導入か=報道

自国通貨安定のための政策として

ジンバブエ共和国の中央銀行であるジンバブエ準備銀行(RBZ)が、金を裏付け資産としたデジタル通貨「デジタルゴールドトークン」を導入する予定だ。現地メディア「サンデーメール(The Sunday Mail)」など各メディアが4月22日報じた。

これは米ドルに対して下落を続ける現地通貨を安定させるためのジンバブエ政府の取り組みだという。

ブルームバーグによれば、現在ジンバブエドル(ZWL)は、公式レートでは1ドルに対し1,001ZWLで取引されているが、首都ハラレの路上では1ドルが1,750ZWLでやり取りされている状況があるという。

RBZは昨年7月、米ドル依存緩和とインフレ抑制のため、シリアルナンバーが入った22Kの金貨「モシ・オア・トゥニャ(Mosi-oa-Tunya)」を導入。同金貨は換金及び国際取引が可能だ。

「デジタルゴールドトークン」は、金貨「モシ・オア・トゥニャ」を補完するものとして、価値の保存・取引のための代替手段の提供を行い、国内での取引に法定通貨として使用される予定だという。

これにより、より多くのジンバブエ国民が通貨の変動からヘッジ(回避)することが可能になる。ジンバブエ準備銀行のジョン・マングディア(John Mangudya)総裁は、少額のXWL保有者も金貨を購入できるよう、「デジタルゴールドトークン」を導入すると説明。「誰もが取り残されず、どこも取り残されない」ように計画を進めていると強調した。

またマングディア総裁は、現在の為替レートの変動を、タバコの販売シーズンによる外国通貨供給の増加が期待されているためだと予測している。

ジンバブエ共和国のハイパーインフレ

ジンバブエ共和国はアフリカ大陸の南部に位置する国で、1980年に英国より独立。おもな輸出品は貴金属・タバコ・鉱石・ニッケル・鉄など。

2000年から2009年にかけてハイパーインフレが起こり、新たな紙幣の発行と通貨単位を切り下げるデノミネーション(デノミ)が繰り返された結果、2009年1月には100兆ジンバブエドル紙幣が発行された。その後もデノミが行われたが、通貨としての価値をほとんど失い、同年4月12日をもって発行が停止された。

その後2019年6月には、ジンバブエドル(RTGSドル)を唯一の法定通貨として再導入したが、ハイパーインフレによる紙幣不足のため、2020年3月より再び米ドルの流通が暫定的に認められ今に至る。

また、ジンバブエ政府は2021年11月、国民間での暗号資産の需要の高まりを受け、ビットコイン(BTC)を合法的な支払い手段に導入することを検討していることが報じられていた。

関連ニュース

参考:サンデーメール
デザイン:一本寿和
images:iStocks/eyegelb

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored