バイナンス、南アフリカで先物取引の提供再開

バイナンスが南アフリカで先物取引の提供再開

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、南アフリカにおける先物取引サービス提供を再開することを9月26日に発表した。発表によると南アフリカの有資格ユーザー向けに同日8:00(UTC)より再開されている。

バイナンスは昨年9月、南アフリカの金融規制当局である金融行動監視機構(FSCA)から「南アフリカで金融アドバイスや仲介サービスを提供する権限がない」とし、警告リストに追加されていた。それを受けてか今年1月には同国での現物取引以外のサービスを停止していた。

なお今回のサービス再開は、2002年に南アフリカで金融サービスプロバイダーとして認可されているファイブウェスト(FiveWest)との契約により実現したという。

ただし提供される銘柄や仕様については、バイナンスが以前南アフリカで提供していた先物取引から変更されておらず、サービスの提供方法のみが変更されたとのことだ。

バイナンスは昨年6月頃より、欧州やアジアなどの各国規制当局より警告を受け、現地の規制を遵守するとしてサービスを終了するなどの措置を行っていた。

その後バイナンスはバーレーンやタイ、ドバイ、プエルトリコ、フランス、イタリア、スペインなどの規制当局から暗号資産関連したサービス提供のライセンス取得を進めている。

またバイナンスは、日本市場への参入に向けた検討を進めていることが26日に報じられている。  

関連ニュース

バイナンス、「Binance. com」の南アフリカでの一部サービス停止

南アフリカ金融規制当局、バイナンスを警告

米コインベース、バイナンスの「Binance USD(BUSD)」上場へ

バイナンスが「Binance Bridge 2.0」発表、非上場のイーサリアム銘柄も対応

クロスチェーンプロトコル「Multichain」、約68億円を調達。Binance主導で

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・daboost

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored