バイナンスが「Binance Bridge 2.0」発表、非上場のイーサリアム銘柄も対応

バイナンスが「Binance Bridge 2.0」発表

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が新たなトークンブリッジ機能「Binance Bridge 2.0」を3月29日発表した。

発表によるとこの機能では、イーサリアム(Ethereum)ネットワークとバイナンス独自のブロックチェーンであるBNBチェーンのネットワーク間で暗号資産のトークンブリッジができるとのこと。サードパーティーのプラットフォームやウォレットを利用せずバイナンスのアカウントから直接ブリッジができるようになることがポイントだ。

Binance Bridge 1.0ではBinance.comに上場している暗号資産のみが対象だったが、2.0ではバイナンスで取り扱いのない暗号資産もサポートするという。これによりBNBチェーンエコシステムにおけるDeFi(分散型金融)やブロックチェーンゲームなどへの参入増加が期待できるとのことだ。

なお「Binance Bridge 2.0」でBinance.comに上場していないイーサリアムベース(ERC-20規格)の暗号資産をBNBチェーンにブリッジする場合、BNBチェーンのBEP20規格のラップドトークンであるBTokenに変換する予定だという。BTokenは原資産と1対1でペッグされ、いつでも元の資産に戻すことができるとのこと。

上場している暗号資産については、Binance.comの「Funding Wallet」または「Spot Wallet」に直接送金されブリッジが完了する。非上場の暗号資産についてはバイナンスが提供するセルフカストディウォレット(SCW)に送金されるとのことだ。

発表によると今後はイーサリアム以外のブロックチェーンにも対応していくとのことだ。

関連ニュース

バイナンスが「Learn and Earn(学んで稼ぐ)」プログラム、報酬に暗号資産

バイナンス、ドバイで暗号資産取引所のライセンス取得

バイナンス、ブラジルの証券会社買収に向け覚書締結

バイナンス、決済サービスプロパイダー「Bifinity」ローンチ

バイナンスのブロックチェーン、BSCから「BNB Chain」に改名

参考:バイナンスBridge v2
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored