バイナンスが「Learn and Earn(学んで稼ぐ)」プログラム、報酬に暗号資産

「Binance Academy」で新プログラム「Learn and Earn」提供

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンや暗号資産が学べる「Binance Academy」にて、「Learn and Earn(学んで稼ぐ)」プログラムを提供開始したことが3月24日分かった。

このプログラムでは、ユーザーがブロックチェーンについて自ら学びながらトークンを獲得できるとのことだ。

「Learn and Earn」プログラムの目的は、ブロックチェーン知識に対する需要の高まりに応えるためと発表されている。

プログラムにおいてユーザーは、一定数の学習タスクを完了することで、あらかじめ決められた暗号資産が報酬として与えられる。学習タスクでは「記事を読む」、「短いビデオを見る」、「クイズに答える」などが含まれている。なおトークンを受け取るためにはユーザー認証を行い、暗号資産利用規約に同意する必要があり、またバイナンスにアカウントを持っていることが条件だ。

現在公開されている学習タスクはTerra (Luna)、WOO Network (WOO)、Polkastarter (POLS)とAnkr(ANKR)がある。各タスクでもらえる暗号資産はそれぞれのプロジェクトのものだ。

なお執筆時点(2022年3月28日12:30)では全タスクの報酬が定額に達しており、報酬の付与は終了している。新しい学習タスクについては、引き続き更新されるとのことだ。

なお暗号資産取引所コインベースの日本サービスでも、「Learn and Earn(学んで稼ぐ)」サービスが提供されている。コインベースでは日本ローンチの際にStellar Lumensのプログラムが公開され、学んだユーザーに一定量のXLMが配布された。その後コインベース日本サービスでは新たなプログラムの追加は現状ない。

関連ニュース

クロスチェーンプロトコル「Multichain」、約68億円を調達。Binance主導で

バイナンス、NFTマーケットプレイス「Binance NFT」を6月にローンチ予定

バイナンス、「Binance. com」の南アフリカでの一部サービス停止

Braveのラップ版BATがBinance Smart Chain(BSC)上で利用可能に

暗号資産取引所バイナンスが「Binance Pay」のベータ版を発表


参考:プレスリリースBinance Academy
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ