Braveのラップ版BATがBinance Smart Chain(BSC)上で利用可能に

Braveのラップ版BATがBinance Smart Chain(BSC)上で利用可能に

分散型ブラウザBrave(ブレイブ)を運営するBrave Softwareが、同社のネイティブトークンである暗号資産(仮想通貨)ベーシックアテンショントークン(BAT)のラップ版がBinance Smart Chain(BSC:バイナンススマートチェーン)上にて利用が可能になったことを3月19日発表した。これによりBAT保有者はPancakeSwapやBeefyFinanceなどのBSCベースのDeFiアプリでBATを利用できるようになった。

BraveのCEO兼共同創業者であるブレンダン・アイク(Brendan Eich)氏は「私たちの願いはBATとBraveが暗号資産の主流となることと、BATとBraveによって一般市場でDeFiが使いやすいものになることです」とし、「ラップされたBATがBSCで利用できるようになったことで、この願いが達成可能なものであると信じています」また「特に私たちはBSCの低い取引手数料とスケーラビリティ、そしてそれによってBraveユーザーのためにスケーラブルでシームレスなDeFiアプリケーションを構築できることに興奮しています」とリリースにて述べている。

編集部のコメント

Brave SoftwareとBinanceは昨年3月に提携を発表しており、この提携によりBraveユーザーはバイナンスのサイトを介さずに、Braveブラウザ上でBinanceでサポートされている暗号資産の瞬時取引(インスタントスワップ)などが可能になっていました。

今回のBSCとの連携についても、より使い易い機能の提供が行われるようで提供は今年後半になる予定であるとリリースに記載されています。

参考リンク:Brave

(imaes:iStocks/iam2mai)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/31話題】バイビットがカナダから撤退、ECBがデジタルユーロに関する報告書など(音声ニュース)

バイビットがカナダ市場から撤退、規制強化うけ、ECB、中銀デジタル通貨「デジタルユーロ」に関する報告書を公表、米コインベースの元マネージャーとその弟、SECとの和解に合意、web3決済インフラのTransak、シリーズAで約28億円の資金調達。アニモカやSBIなど参加、イーサリアムNFTが「Ordinals」のビットコインNFTへブリッジ可能に、「BRC-721E」導入で、D&IインベストメントG、ビットフライヤーHDの株式を一部取得

Sponsored

【5/30話題】SBI VCトレードにオアシス(OAS)上場へ、テマセクがFTX投資の責任者らの報酬減額など(音声ニュース)

SBI VCトレードにオアシス(OAS)上場へ、国内2例目、バイビット、カザフスタンで暗号資産事業の予備ライセンス取得、テマセクがFTX投資の責任者らの報酬減額、説明責任果たし、ロシアが国営の暗号資産取引所設立を断念か、交換業者に対し規制を設ける方針へ=報道、奈良の日本酒「水端」、ブロックチェーンで不正流通を防ぐ。SBI「SHIMENAWA」導入で、Huobiが香港に「Huobi HK」立ち上げ、暗号資産ライセンス申請へ、LINE BITMAX、「ステラルーメン(XLM)」の信用取引を開始、ビットコイン「Ordinals」の「BRC-20」、初のドル型ステーブルコイン「#USD」登場、NFTコレクション「AEB」のアパレルブランド「DO NUTS」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored