NFT実証実験、オタクコイン協会とCryptoGamesが「100枚限定オタクコイン硬貨」販売

オタクコイン協会とCryptoGamesがNFT「100枚限定オタクコイン硬貨」販売

一般社団法人オタクコイン協会とCryptoGames株式会社がNFT(ノンファンジブルトークン)を活用した実証実験の開始を3月22日発表した。

この実証実験では、100種類のカラーバリエーションからなるシリアルナンバー付きの「100枚限定オタクコイン硬貨」のデジタル販売およびオタクコイン保有者へのプレゼント抽選会を実施するとのこと。なお「100枚限定オタクコイン硬貨」は既にオタクコイン公式アプリを通じて配布しているオタクコイン(XOC)とは別のものとなるとのこと。

リリースによると、この実証実験の目的は実際にNFTを導入する時に起こりうるリスクやコスト、懸念点、メリット/デメリットを洗い出し、より速やかに業界やコミュニティに浸透することとしている。

この実証実験における売上(一次販売/二次流通時のロイヤリティ)については、アニメ文化の発展のため次なるNFT活用の開発・運営費や協会発足当初から継続的に行ってきているアニメスタジオへのインタビューなどの活動資金として利用されるとのことだ。

「100枚限定オタクコイン硬貨」の販売は3月24日10:00よりNFTマーケットプレイスのRaribleにて、シリアルナンバー毎に先着順での一次販売を予定している。販売スケジュールおよび販売額はそれぞれ、3月24日10:00より0.1ETHにてシリアルナンバー#31から#97を販売、3月31日10:00より0.3ETHにてシリアルナンバー#11から#30を販売、4月7日10:00より1.0ETHにてシリアルナンバー#01から#10の販売が行われる。なおシリアルナンバー#98、#99、#100については、販売と同時スタートする「オタクコイン公式アプリ」内のプレゼント抽選会(オタクコイン1,000枚使用)にて公開され、当選者のみ獲得できるとのこと。

「100枚限定オタクコイン硬貨」の各オーナーはデジタル所有権・SNS掲載権・二次創作権(いずれも公序良俗の範囲での利用に限定)を持てる。なお著作権及び商標はオタクコイン協会が保有するものとなる。また二次流通時の際のロイヤリティは5%となり、別途マーケットプレイス利用の手数料2.5%が掛かるとのことだ。

オタクコイン協会はの実証実験を通じて得た知見を、クリエイターや世界中のファンにオタクコイン公式ブログなどを通じてオープンに共有していくことで、日本が誇るアニメ文化が世界に広がり、さらに発展していく一助になることを期待しているとのことだ。

(imaes:iStocks/Vladimir-Kazakov)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も