米コインベース、バイナンスの「Binance USD(BUSD)」上場へ

米コインベース、BUSD上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、バイナンスの米ドルステーブルコインであるバイナンスUSD:Binance USD(BUSD)が上場することが4月27日分かった。

また同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:旧Coinbase Pro)」でもBUSDの取り扱いが開始されるとのこと。

コインベースは今月12日、今後新規上場する可能性がある暗号資産50銘柄のリストを公開した。BUSDは同リストに記載されていた銘柄となる。なおバイナンスチェーンのBEP-2規格のBUSDではなく、イーサリアム(ETH)基盤のERC-20規格のトークンでBUSDをサポートするという。

BUSDの「Coinbase.com」での取引開始は、4月27日9:00(太平洋標準時)以降の予定となっている。また「コインベース・エクスチェンジ」でも流動性条件が満たされ次第、同日時以降で取引開始される予定とのことだ。

BUSDの取り扱いは、米コインベースのサービス対象全地域で対応するとのこと。なお日本は対象外となる。

取引ペアについては、BUSD-USD、BUSD-USDTとなるとのこと。

バイナンスUSDは、バイナンスと暗号資産インフラ企業パクソス(Paxos)が発行する、米ドルと1:1の価値でペッグされたステーブルコイン。PAXとBUSDの裏付け資産は96%が現金または現金相当物で、4%が米国財務省証券となっており、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)によって承認されている。また特徴としては、高速かつ低コストな取引が可能で、イーサリアム(ETH)基盤のERC-20トークンと、バイナンス・チェーンのBEP-2トークンでサポートされている。

現在BUSDは、バイナンス(Binance)などの暗号資産取引所で取り扱われている。現在の時価総額は約2兆2,582億円となる(4/27 コインマーケットキャップ調べ)。

またコインベースは昨日、オアシスネットワーク:Oasis Network(ROSE:ローズ)の新規上場を発表している。

関連ニュース

米コインベース、「Oasis(ROSE)」上場へ

米コインベースが上場検討50銘柄公開、バイナンスBUSDやSTEPNのGSTなど

コインベース、SNS機能付きNFTマーケットプレイスのベータ版ローンチ

米コインベース、人気NFT「BAYC」のアニメ映画製作へ

米コインベース、「Mina (MINA)」と「Crypterium(CRPT)」上場へ

参考:Twitter
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない