インド中銀とUAE中銀がCBDC実験へ、2国間ブリッジなど実施へ

RBIとCBUAEがCBDC実験で協力

インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)とアラブ首長国連邦中央銀行(CBUAE)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共同実験を行うことを3月15日に発表した。

これにあたりRBIとCBUAEはアブダビにて、金融商品・サービスにおける協力関係の強化及び、イノベーションを共同で実現するための覚書(MoU)に調印。フィンテックの様々な新興分野、特に中央銀行デジタル通貨(CBDC)領域で協力する予定だという。

両中央銀行は、CBDCの国境を越えたユースケースをテストし、両銀行によるCBDC間の相互運用性について検討するという。具体的には、送金や貿易に関する国境を越えたCBDC取引を促進するために、2国間CBDCブリッジの概念実証(PoC)と複数回にわたる実験を共同で実施する予定だという。

この2国間による取り組みは、コスト削減や、国境を越えた取引の効率化、インドとUAEの経済関係のさらなる発展につながることが期待されるという。

なお覚書では、フィンテックや金融商品・サービスに関連する事項についての技術協力や知識共有についても規定されているとのことだ。

CBUAEは2月12日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行を含む「金融インフラ変革プログラム(FITプログラム)」を発表。2026年までに「FITプログラム」を完了することを目指していると伝えていた。

RBIは、同行が支援する中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル・ルピー(eルピー)」をホールセール(金融機関などの大口業務)分野で昨年11月より試験運用開始していた。

関連ニュース

参考:インド準備銀行
デザイン:一本寿和
images:iStocks/liulolo・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored