インド、年末までに中銀デジタル通貨のパイロットプロジェクト開始か

インド、年末までにCBDCパイロットプロジェクト開始か

インドの中央銀行のインド準備銀行(RBI)が、年末までに中央銀行デジタル通貨(CBDC)パイロットプロジェクトを開始する予定であることが分かった。

インド準備銀行総裁のシャクティカンタ・ダス(SHAKTIKANTA DAS)氏が8月26日に米CNBCに出演して明かした。なおその取材内容はインド準備銀行の公式サイトにも掲載されている。

CBDCのパイロットプロジェクトに関して、同氏は「12月くらいまでには、何らかの試験的な活動を開始できるはずです。インド準備銀行だけでなく、世界的に見てもまったく新しいプロダクトなので、非常に慎重に取り組んでいます」と話している。

またそのシステムとして「分散型台帳技術(DLT)か中央集権型台帳かの選択を迫られています」とし、発行方法についても「ホールセールを採用して後から順次リテールに移行するのか、それともリテール+ホールセールで地域限定でもスタートするのか、その点を検討しています」、「通貨を中央銀行が直接発行するのか、それとも銀行システムを通じて発行するのか、これも検討中です」としている。

そして既にチームは動いており「今年の終わりには、おそらく最初のトライアルを始められる状態になっているでしょう」と話している。

またインドにおける暗号資産に関する規制についてシャクティカンタ・ダス氏は「インド準備銀行では、金融の安定性の観点から、民間セクターの暗号資産に大きな懸念を抱いています。金融の安定性に影響を与えるリスクは非常に多く、私たちは政府と懸念を共有しています。ですから、政府はこの点について必要な政策決定を行うでしょう」ともコメントしている。

参考:インド準備銀行
デザイン:一本寿和
images:iStocks/GEMINI-PRO-STUDIO・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored