インド、中銀デジタル通貨「デジタルルピー」試験運用を開始

インド中央銀行がホールセール型CBDCの試験運用を開始

インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が、同行支援の中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル・ルピー(eルピー)」をホールセール(金融機関などの大口業務)分野で11月1日から試験運用開始することを発表した。またインドの市中銀行としては最大のインドステイト銀行(SBI)を含む銀行9行が、このプロジェクトに参加することも明らかにされている。

RBIの声明では、今回の試験運用によるユースケースは「国債流通市場取引の決済」であり、「eルピーが銀行間市場をより効率的にすることが期待される」と伝えられている。

またRBIは、中央銀行のデジタル通貨で決済することで、取引コストが削減できるとも付け加えている。

プロジェクトにはインドステイト銀行の他、バローダ銀行、ユニオンバンク・オブ・インディア、HDFC銀行、ICICI銀行、コタック・マヒンドラ銀行、イエス銀行、IDFCファーストバンク、HSBCインドが参加し、「デジタル・ルピー」を試験導入するとRBIは発表している。

なおリテール型(小売り向け)の「デジタル・ルピー」については、特定の場所で1ヵ月以内にローンチする予定であるとのことだ。

RBIは以前から、CBDCの長所と短所を探っており、段階的に実施するための戦略に向けて取り組んでいると、今月初めに発表していた。

今回のデジタル形式の通貨に関する計画は、中央銀行であるRBIが暗号資産(仮想通貨)に断固として反対している中で行われたものである。

関連ニュース

インド、年末までに中銀デジタル通貨のパイロットプロジェクト開始か

インド中央銀行、暗号資産へ前向きな方針を示す

JCBら、中銀デジタル通貨の実証実験「JCBDC」、既存タッチ決済でスマホ・カード利用

CBDCハッカソン「G20 TechSprint」、各部門の優勝チーム発表

SWIFT、「CBDCクロスボーダー決済」の実験に成功

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
India cenbank to start pilot of digital rupee on Nov 1
Reporting by Chris Thomas in Bengaluru; Editing by Savio D’Souza
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している