ハーモニーの「Horizon Bridge」再稼働、LayerZero採用で

「Horizon Bridge」がLayerZero採用で再稼働

今年6月23日にハッキング被害を受けた「Horizon Bridge(ホライゾンブリッジ)」が再稼働したことが10月27日発表された。「Horizon Bridge」はL1ブロックチェーン「ハーモニー:Harmony(ONE)」上に構築されているトークンブリッジプロトコルだ。イーサリアム(ETH)ブロックチェーンとBNBチェーン間の資産移動に使用されていた。

なお「ホライゾン」再稼働にあたりハーモニーは、オムニチェーン相互運用性プロトコル「レイヤーゼロ(LayerZero)」をブリッジパートナーとして選択したとのこと。

「レイヤーゼロ」は異なるブロックチェーン同士を繋げ、統一的なコミュニケーション規格を提供するプロトコル。同プロトコルでは異なるチェーン間でネイティブな直接通信を実現するため、トークンブリッジの際にブリッジ元のトークンを「ホライゾン」にロックする必要がなくなる。そのため以前受けたハッキングのような、ブリッジにロックされたトークンが流出する被害については回避できるようになるようだ。

また今回「ホライゾン」のコンテキストにおける既存のマルチシグ検証レイヤーを「レイヤーゼロ」 の検証レイヤーに置き換えたことにより、「レイヤーゼロ」の検証を構成する2つの重要なインフラ(オラクルとリレーヤー)は、専門知識を持ったサードパーティのオペレータが専門的に運用・保守するため、ハーモニーはバックエンドのインフラを運用・保守する必要がなく、リスクを大幅に低減できるとしている。

さらに「ホライゾン」では、脅威監視とスマートコントラクト防御機能を提供するweb3セキュリティインフラストラクチャ「イージス(Aegis)」を採用することで、追加のセキュリティ対策を講じたとのことだ。

「ホライゾン」のハッキング事件は6月23日5:30(太平洋標準時)に発生。犯人が合計11件の不正なトランザクション実行し、イーサリアムチェーン上で「ホライゾン」から1億ドル相当になる複数種類のトークンを流出させていた

関連ニュース

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認

LayerZeroが約165億円調達、a16zやFTXら出資

ブリッジプロトコル「Wormhole」、ハッキングで約373億円相当流出。DeFiでは過去最大額

DeFiレンディングプロトコル「Vee Finance」、ハッキング被害で約38億円相当の暗号資産流出

「Liquid Global」がハッキング、被害額は約69億円か

参考:ハーモニー
デザイン:一本寿和

images:iStocks/metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/1話題】KyberSwapのハッカーが完全支配を要求、マイクロストラテジーが880億円相当のBTC購入など

KyberSwap事件のハッカー、報奨金の取引条件として同社完全支配を要求、米マイクロストラテジー、880億円相当のビットコイン追加購入。合計保有数174,530BTCに、グレイスケール、現物BTC投資信託「GBTC」の運用効率化で契約更新、積水化学、蘭ブロックチェーントレーサビリティ「サーキュライズ」と業務提携、ワームホールが約331億円の資金調達、Wormhole Labs設立も、デジタル資産投資プラットフォームのFasset、ドバイでVASPライセンス取得、アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに、IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も、バイナンス、BUSDのサポートを12月に終了へ

Sponsored

IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も

IoT向け分散型台帳(DLT)プラットフォーム「アイオータ(IOTA)」が、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビに「アイオータ・エコシステムDLT財団」を設立したことを11月29日発表した。なお同財団はアブダビ・グローバル市場(ADGM)に登録された初の初のDLT(分散型台帳)に関する財団とのこと

アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに

アニモカブランズ(Animoca Brands)が、メッセージングアプリ「テレグラム(Telegram)」開発の分散型プラットフォーム「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」の最大のバリデータとなり、TONエコシステムのミニアプリ「トンプレイ(TON Play)」へ出資したことを11月28日発表した