DeFiレンディングプロトコル「Vee Finance」、ハッキング被害で約38億円相当の暗号資産流出

「ヴィーファイナンス」、ハッキング被害

DeFiレンディングプロトコル「ヴィー・ファイナンス(Vee Finance)」が9月20日に何者かの攻撃を受け、約3,500万ドル(約38億円)相当に及ぶ暗号資産(仮想通貨)が流出したことが分かった。

「ヴィー・ファイナンス」は、米ニューヨークを拠点とするAVA Labs(アバラボ)が開発したパブリックブロックチェーン「アバランチ(Avaranche)」上で稼働するプロトコルだ。19日には同プロトコルへの預入資産(TVL)が300万ドル(約3.2億円)を突破したことを発表していた。

今回の発表によると流出したのはビットコインが213.93BTC、イーサリアムが8804.7ETHとのこと。ステーブルコインセクターのUSDT.e、USDC.e、DAI.eについては攻撃の影響を受けなかったとのことだ。

なお「ヴィー・ファイナンス」の運営が攻撃者のアドレスを確認したところ、奪われた資産は現状転送などの処理は行われていないとのこと。運営側は攻撃者と積極的に連絡を取り合い解決策など交渉を行っているとのことだ。

また運営はハッキングの原因となったのが「レバレッジ取引の注文を作成する過程」に問題があったと説明しており、現在対処済みであることも説明されている。

関連ニュース

「Liquid Global」がハッキング、被害額は約69億円か

【解説】明かされた犯行の真相、「Poly Network」ハッキング事件ほぼ全額が返還

英暗号資産(仮想通貨)取引所エクスモー(EXMO)がハッキング被害についての現状調査を報告

「nanakusa」NFT流出事件、運営が説明会実施

参考:Vee Finance公式ミディアム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/M-A-U

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した