【解説】明かされた犯行の真相、「Poly Network」ハッキング事件ほぼ全額が返還

「Poly Network」ハッキング事件ほぼ全額が返還

クロスチェーンプラットフォームであるポリーネットワーク(PolyNetwork)にて発生したハッキングの被害額のほぼ全てが返還された。8月13日のポリーネットワークのTwitterにて明らかになった。

ポリーネットワークの発表によると被害額約6億1,000万ドル(約670億円)のうち、ハッキングの報道直後に凍結され動かせなくなった3300万ドル(約36億円)相当のテザー(USDT)以外は、プロジェクトとハッカーが管理するマルチシグ・ウォレットに全て送金が済んでいるとのことだ。

犯人とのやり取り

被害額の返還までにはイーサリアムのトランザクションを利用して犯人とのコミュニケーションがとられていた。その中で犯人は今回の犯行の動機を「楽しみのため:FOR FUN :)」としポリーネットワークを狙った理由として「クロスチェーンのハッキングが熱いから:CROSS CHAIN HACKING IS HOT」と答えている。

また犯人はポリーネットワークのバグを発見した際に、大金を得られる可能性をプロジェクトチームへ報告するよりも世間に公開することが問題解決につながると考えたようで「内部の人間がその脆弱性を隠したり悪用したりする前に、その脆弱性を公開する責任があります」と犯行に至るまでの経緯も説明をしている。

さらに犯人は一時的な電子メールやIPなどを使って、自身を追跡できないようにしているとし「私は暗闇の中で世界を救いたいのです」と自らの素性の露出は避けるとしている。

【なお、この表明はイーサリアムのトランザクションの中で行われている。こちらから「Click to see More→Input Data→View Input As→UTF-8」を選択】

犯人からの資金返還と説明を受け、ポリーネットワークは今回の犯行を「ホワイトハット(正義の味方)行為」とし、犯人にバグを見つけた報奨金50万ドルを与えることと、犯行に対し責任を問わないことの保証を表明した。

【ポリーネットワークの表明はこちら

それに対し犯人は「ポリーは報奨金を提示しましたが、私はそれに応じていません。代わりに、私は彼らのお金をすべて送り返します」と返信を行っている。

【犯人の返信はこちら

ポリーネットワークの今後の対応

ポリーネットワークは今後のサービス再開への対応として、脆弱性修正のために複数の監査グループと協力してコードの確認を行う他、グローバルバウンティプログラムを計画しているとのこと。またメインネットのアップグレードも行うとしている。

なおポリーネットワークは返還金が一部保管されているウォレットの秘密鍵が犯人からの承認を待っている状況であるとし、また凍結されたUSDTについてはテザー社と対応を進めているとのことだ。

【今後の対応を説明した一連のツイートのスレッド(表示されているツイートよりリプライが続く)】

関連ニュース

クロスチェーンネットワーク「PolyNetwork」でハッキング、約670億円の被害

「Poly Network」ハッキング事件、犯人が約287億円分を返却

images:iStocks/LuckyStep48・Andrei_Andreev

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

Web3時代はすぐそこか? 暗号資産・ブロックチェーン業界を牽引する52人の「2022年の展望」

「あたらしい経済」の年始の特別企画として、ブロックチェーン・暗号資産業界を国内外で牽引するプレイヤーや有識者の方々に「2022年の展望」を寄稿いただきました。 この記事には私たちがこれからの「あたらしい経済」時代をサバイバルしていくための、多くのヒントやインサイトに溢れています。

【取材】NFTアバターサービス「METABA」とは? 大塚愛やホリエモンらのアバター販売開始(コルク 佐渡島庸平 インタビュー)

小説家や漫画家をはじめとしたクリエイターのエージェント事業を展開するコルクが、NFTアバターサービス「METABA(メタバ)」を発表した。「METABA」から著名人をモチーフにした3DボクセルアバターNFTが発売され、そのアバターが身につけることの出来るファッションアイテムNFTも制作される。

【解説】シンボル(XYM)のキプロス実装と、ネム(XEM)のハーロックとは? 何が変わる?(Symbol NEMコミュニティ トレスト氏)

「あたらしい経済」編集部は、国内のSymbol & NEMコミュニティの有識者のトレスト氏(@TrendStream)に取材。今回成功した「キプロス」ハードフォークと、今後の「ハーロック」、そしてこれらのハードフォークが成功することの意義について、語っていただいた。

「NFTにもっと流動性を」ユニマがNFT買取サービスをはじめる理由(モバイルファクトリー COO 深井未来生)

「あたらしい経済」はモバイルファクトリー 取締役COO・ビットファクトリー 代表取締役の深井未来生氏を取材。同社が買取サービスを開始した理由、マーケットプレイスの今後のアップデート、そしてどのようにこれから日本のNFT市場を盛り上げていきたいかなどについて訊いた。

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。