「Poly Network」ハッキング事件、犯人が約287億円分を返却

「Poly Network」ハッキング事件、犯人が約287億円分を返却

8月10日に発生したポリーネットワーク(Poly Network)における670億円相当のハッキング事件において、犯人が一部トークンを返却しはじめたことが明らかになった。

ポリーネットワークによると日本時間の8月12日午前1時時点で約287億円分が返還されており、その内訳はイーサリアム3.6億円、バイナンス・スマート・チェーン282億円、ポリゴン1.1億円となっている。そして未返還の資産はイーサリアム297億円、ポリゴン92億円となっている。

なお今回のハッキングについてブロックチェーンセキュリティ会社のスローミスト(SlowMist)は11日時点で「スローミストのセキュリティチームは、オンチェーンおよびオフチェーンの追跡を通じてハッカーのメールボックス、IP、およびデバイスのフィンガープリントを把握しており、ポリーネットワークハッカーに関連する可能性のあるIDの手がかりを追跡しています」と述べていた。

関連ニュース

クロスチェーンネットワーク「PolyNetwork」でハッキング、約670億円の被害

images:iStocks/LuckyStep48

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズ、タツノコプロ「黄金戦士ゴールドライタン」のNFTグローバルライセンス取得

ブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う企業であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)が、日本のテレビアニメ『黄金戦士ゴールドライタン』のブロックチェーンゲームおよびNFT製作に関するグローバルライセンスを取得したことが分かった

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored