ブロックチェーン分析ツールDune AnalyticsがシリーズAで約9億円資金調達

Dune AnalyticsがシリーズAで約9億円資金調達

ノルウェーのブロックチェーン分析ツール提供のドゥーン・アナリティクス(Dune Analytics)がシリーズAラウンドで約9億円(800万ドル)の資金調達を行なったことを8月12日に発表した。

シリーズAラウンドはUnion Square Venturesが主導し、新たにRedpoint Ventures、既存投資家のDragonfly CapitalおよびMulticoin Capitalが参加した。

調達した資金は、チームメンバーの拡大、新しいデータプラットフォームを立ち上げ、より多くのブロックチェーンをサポートするために利用していくとのことだ。

ドゥーン・アナリティクスはパブリックブロックチェーンに関して「ブロックチェーンのデータは理論上は公開されていますが、実際にデータを抽出、分析、消化することは非常に困難」だとし、「Dune Analyticsでは、オープンコラボレーションとフリーアクセスを核としたコミュニティファーストのデータツールを構築しています。そうすることで、新しい金融システムにおいて、理論上の可能性ではなく、リアルな透明性を実現しています」とブログにて説明している。

今後もドゥーン・アナリティクスは、自社のサービスを展開して、既存金融のPDFベースの四半期報告書をリアルタイムのダッシュボードに置き換え、財務報告の透明性を提供し続けていきたいとのことだ。

参考:Dune Analytics
images:iStocks/urzine・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored