ブロックチェーン分析ツールDune AnalyticsがシリーズAで約9億円資金調達

Dune AnalyticsがシリーズAで約9億円資金調達

ノルウェーのブロックチェーン分析ツール提供のドゥーン・アナリティクス(Dune Analytics)がシリーズAラウンドで約9億円(800万ドル)の資金調達を行なったことを8月12日に発表した。

シリーズAラウンドはUnion Square Venturesが主導し、新たにRedpoint Ventures、既存投資家のDragonfly CapitalおよびMulticoin Capitalが参加した。

調達した資金は、チームメンバーの拡大、新しいデータプラットフォームを立ち上げ、より多くのブロックチェーンをサポートするために利用していくとのことだ。

ドゥーン・アナリティクスはパブリックブロックチェーンに関して「ブロックチェーンのデータは理論上は公開されていますが、実際にデータを抽出、分析、消化することは非常に困難」だとし、「Dune Analyticsでは、オープンコラボレーションとフリーアクセスを核としたコミュニティファーストのデータツールを構築しています。そうすることで、新しい金融システムにおいて、理論上の可能性ではなく、リアルな透明性を実現しています」とブログにて説明している。

今後もドゥーン・アナリティクスは、自社のサービスを展開して、既存金融のPDFベースの四半期報告書をリアルタイムのダッシュボードに置き換え、財務報告の透明性を提供し続けていきたいとのことだ。

参考:Dune Analytics
images:iStocks/urzine・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した