【取材】職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?(博報堂広報室)

職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?

株式会社博報堂と株式会社博報堂コンサルティングが、日本ユニシス株式会社と共同で、職場コミュニティの活性化支援アプリサービス「PRAISE CARD(プレイズ カード)」を開発を8月17日に発表した。

「PRAISE CARD」は、職場コミュニティの活性化と、その活性度の分析を通じてコミュニティの状態の可視化を支援するサービスとのこと。コロナ禍のテレワークで離れて業務を行っている社員同士が、専用スマホアプリからデジタルカードを送りあうことで、日頃の協力や行動に対し社員同士で感謝や称賛の気持ちを伝えることができる。

なおこのサービスにはブロックチェーン技術が使われており、そこに記録される各社員のデジタルカードの送受信量や保有量といったデータを元に、ネットワーク分析の手法を用いて活性度を分析することができるとのこと。そのデータをもとに部署単位や部門単位、全社単位で活性度の推移を把握することで、組織の課題を発見し、職場環境の改善に活かしていくことが可能とのことだ。

博報堂広報室へ取材

「あたらしい経済」編集部は「PRAISE CARD」を発表した博報堂広報室に取材を行った。

−「PRAISE CARD」はどのブロックチェーンを活用しているのでしょうか?

将来、「PRAISE CARD」が国内外における社会基盤として普及することを想定し、グローバルなトークンエコノミーの分野で一定のシェアがあり、開発と普及、標準化が進むEnterprise系Ethereumを選択しております。

−プライベートチェーンだと想定されますが、将来的に他の企業にもカードを送れるようなインターオペラビリティは検討されるのですか?

昨今、企業間のオープンイノベーションの取り組みなども増えておりますが、そのような組織を超えた社員同士の共創を後押しするソリューションとして活用いただくことも視野に入れています(例えば、複数企業の社員がプロジェクトを一緒に進める中で、PRAISE CARDを使ってコミュニケーションを活性化し、賞賛文化の醸成によってプロジェクトの円滑な進行を図る、といったような使い方です)。

−カードを保持した利用者へ、そのカードの応じてなんらかのインセンティブはあるのでしょうか?

例えば、「PRAISE CARD」の交換が活発な部門や、部門を超えた交換が多い社員を表彰する、といった施策をあわせて行い、コミュニケーションの活性化やモチベーションの向上などを図っていきます。なお具体的な施策の内容は、都度クライアント企業とご相談しながら決めていきます。

−「PRAISE CARD」を利用する企業は決まっていますか? また博報堂さんやユニシスさんで利用する予定はありますか?

すでに一部のクライアント企業にてトライアル導入にご協力いただいております。

−「PRAISE CARD」はいつから企業が利用できますか? 

現在一部の企業で実施しているトライアル導入の後、改めてご提供開始日を決定いたします。

 

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。

本のゲラがNFT、山口周ベストセラー『ビジネスの未来』の裏側が限られた読者の手へ

今年の4月、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の情報が飛び込んできた。そしてユニマのローンチ後にNFTとして販売されるコンテンツの中に、『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』という書名、そしてその著者である山口周氏の名前があった。なお当時の発表では、企画詳細については「出版社と実施に向け協議中」となっており明かされていなかった。

Sponsored

ノーコードでもブロックチェーン開発ハッカソン!? 近大とIOST財団が「HIVEHACK 2021」開催。企業セッションはオンライン無料公開も

近畿大学 理工学部 情報学科 電子商取引研究室とIOST財団が、ノーコードでブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発を体験するハッカソン「ブロックチェーン教育ハッカソン HIVEHACK 2021」を8月26日、27日に開催することを発表

Sponsored

【取材レポ】どんな限定NFTがもらえる?『約束のネバーランド』体験ミュージアムに潜入

体験ミュージアム「『約束のネバーランド』GF(グレイス=フィールド)ハウス脱獄編」が東京都港区の六本木ミュージアムで7月17日から開催されている。 このミュージアムで来場者限定でNFT(Non-Fungible Token=非代替性トークン)の配布されているとのことで、あたらしい経済編集部は潜入取材を行った。