ノーコードでもブロックチェーン開発ハッカソン!? 近大とIOST財団が「HIVEHACK 2021」開催。企業セッションはオンライン無料公開も

竹田匡宏

Sponsored

ノーコードでもブロックチェーン開発!? 教育ハッカソン「HIVEHACK 2021」

近畿大学 理工学部 情報学科 電子商取引研究室とIOST財団が、ノーコードでブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発を体験するハッカソン「ブロックチェーン教育ハッカソン HIVEHACK 2021」を8月26日、27日に開催することを発表した。

今回のハッカソンはエンジニア志向の学生だけではなく、文系学生にもプロダクト開発を体験できるようにする、「教育」を中心にするテックハッカソンとのことだ。

またハッカソン期間中は企業登壇として、日本オラクルやDeNAなどの企業担当者がブロックチェーン技術の活用事例の紹介するセッションも実施される。

なお本ハッカソンへの参加対象者は近畿大学の学生に限られるが、期間中実施される企業登壇セッションへは一般公開され、事前にウェビナー登録することでオンラインで誰でも無料で視聴が可能だ(登録はページ下部より)。

「HIVEHACK2021」開催概要

イベント名:「ブロックチェーン教育ハッカソン HIVEHACK 2021 ノーコード!」

日時:令和3年(2021年)8月26日(木)、27日(金) 

場所:オンライン、一部オフライン予定(希望学生のみ)

ハッカソン対象者:近畿大学の学生

共催:近畿大学理工学部情報学科 電子商取引研究室、IOST財団(非営利)

協賛:株式会社サクラエクスチェンジビットコイン、一般社団法人 日本生産管理学会関西支部ブロックチェーン研究会、近畿大学アカデミックシアタープロジェクト「教育·研究の産学連携(人づくり·モノづくり·コトづくり)」

協力:株式会社エバーシステム 、株式会社Fuel Hash、株式会社PHI

企画:SEYMOUR INSTITUTE 株式会社

→ハッカソンへの参加申し込み(近畿大学の学生対象) 

企業登壇セッションの内容と申し込み

2020年8月26日(木)14:00〜

・「分散型ストレージビジネスの最新動向」紺野勝弥氏(株式会社Fuel Hash 代表取締役)

・「ブロックチェーンとサプライチェーンのユースケースとニーズ」大橋雅人氏 もしくは中村岳氏(日本オラクル株式会社)

→一般お申し込みはこちらから(無料) 

2021年8月27日(金)13:00〜

・「ゲーム・エンタメ分野でのNFTとデジタルアイテムの未来」緒方文俊氏 (DeNA:株式会社ディー・エヌ・エー システム本部 技術開発室)

・「DAO (自立分散型組織 ~ コミュニティー経済圏の未来」岡崇氏(株式会社PHI 共同代表)

→一般お申し込みはこちらから(無料)

編集部コメント

日本国内でもブロックチェーンに関するハッカソンはこれまで開催されてきましたが、文系向けのノーコードでのハッカソンはとても新しい取り組みだと思います。

一般的にはまだまだ技術への理解が必要なブロックチェーンの分野において、幅広い志向の学生に訴求する、意義のある取り組みではないでしょうか。

またハッカソン期間中開催される企業登壇では現在話題のNFTをはじめ、これから分散型ストレージやDAOなどのホットトピックスについても分かりやすく紹介されることが想定できます。ぜひ一般の方もこの機会にオンラインでご参加してみてはいかがでしょうか。

参考:企業登壇者プロフィール

紺野勝弥
株式会社 Fuel Hash 代表取締役
ソフトバンクグループで約8年間、M&Aや資金調達、格付対応、ベンチャーキャピタル業務に従事。暗号資産取引所QuoineにCFOとして参加、後に代表取締役。マイニング事業を行うBITFURY社の日本代表を経て、マイニングファーム運営およびマイニング用ソフトウェアサービス企業Fuel Hashを起業。

大橋雅人
日本オラクル株式会社 事業戦略統括
製造業を中心としたERP導入や業務コンサルティング、データ活用の推進を担当。その後、ビッグデータ、IoT、AIといった新規技術のビジネス開発を担当し、現在はブロックチェーン始め、クラウド全般のビジネス推進のチームリードを担当。技術経営修士(専門職MOT)。

中村岳
日本オラクル株式会社 クラウド・エンジニアリング統括
金融決済領域で銀行間決済(日銀・SWIFT・CLS)関連のアプリケーション開発のシステムエンジニアとして活躍後、日本オラクルへ。PaaS製品のうち主として、アプリケーション・インテグレーション基盤および、ブロックチェーン基盤を担当し、ユーザーの活用を支援する。

緒方文俊
株式会社ディー・エヌ・エー システム本部 技術開発室
mobageのシステム開発、ブラウザゲーム開発、Cocos2d-xやUnityによるアプリ開発、動画配信アプリの開発など幅広くエンジニアとして経験.現在は、同社の技術開発室で、ブロックチェーン技術に関する研究開発を行う。

岡崇
株式会社PHI 共同代表
近畿大学国際経済学部(2020年卒業生代表として登壇)。在学中に株式会社PHIを立ち上げる。分散型自立組織(DAO)と非管理型組織の社会実装を、次世代テクノロジーのブロックチェーンで実現するプロジェクトを開始。ブロックチェーンとDAOにおける日本での第一人者。

images:iStocks/klyaksun

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

本のゲラがNFT、山口周ベストセラー『ビジネスの未来』の裏側が限られた読者の手へ

今年の4月、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の情報が飛び込んできた。そしてユニマのローンチ後にNFTとして販売されるコンテンツの中に、『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』という書名、そしてその著者である山口周氏の名前があった。なお当時の発表では、企画詳細については「出版社と実施に向け協議中」となっており明かされていなかった。

Sponsored

【取材】職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?(博報堂広報室)

株式会社博報堂と株式会社博報堂コンサルティングが、日本ユニシス株式会社と共同で、職場コミュニティの活性化支援アプリサービス「PRAISE CARD(プレイズ カード)」を開発を8月23日発表した。 「PRAISE CARD」は、職場コミュニティの活性化と、その活性度の分析を通じてコミュニティの状態の可視化を支援するサービスとのこと。コロナ禍のテレワークで離れて業務を行っている社員同士が、専用スマホアプリからデジタルカードを送りあうことで、日頃の協力や行動に対し社員同士で感謝や称賛の気持ちを伝えることができる。

【取材レポ】どんな限定NFTがもらえる?『約束のネバーランド』体験ミュージアムに潜入

体験ミュージアム「『約束のネバーランド』GF(グレイス=フィールド)ハウス脱獄編」が東京都港区の六本木ミュージアムで7月17日から開催されている。 このミュージアムで来場者限定でNFT(Non-Fungible Token=非代替性トークン)の配布されているとのことで、あたらしい経済編集部は潜入取材を行った。