「Liquid Global」がハッキング、被害額は約69億円か

Liquid Globalがハッキング、被害額は約69億円か

暗号資産取引所Liquid Globalが8月19日にハッキングを受け、資産の入出金を停止したことが明らかになった。

日本のQUOINE株式会社のシンガポール現地法人であるQUOINE PTEが、入出庫管理に利用していたMPCウォレットがハッキング被害を受けたとのこと。QUOINE株式会社は影響を確認中とし「分別管理に利用しているコールドウォレットは安全であり、お客様からお預かりしている資産への影響は確認されておりません」と公式ブログに掲載している。

なおハッキングされたのはホットウォレットで、インターネットに接続されている状態で暗号資産を管理するタイプのものだ。現在Liquid Globalは安全性が高いコールドウォレットに資産を移動させているとのことだ。

なおLiquid Globalは「ハッキングされた暗号資産はBitcoin、Ethereum及びERC20 Token、TRON、XRPである」とはツイートしている。

またLiquid Globalが公表する各暗号資産のアドレスに基づきオンチェーンデータを参照すれば、被害総額は合計約69億円となる。その内訳は次の通りである。
ビットコイン:約107BTC(約5億2,000万円)
イーサリアム及びERC20 Token:約14,945Ether( 約49億円)
トロン:約260万TRX(約2,300万円)
リップル:約1,151万XRP(約14億円) 

QUOINEは公式ブログで「現在も詳細は調査中ですので、暗号資産の入出庫再開、状況の進展がありましたらEmail, Twitterにてご連絡させていただきます」と記載している。

参考:Liquid Global Bitcoin ExplorerEtherscanXRP Scan TRONSCAN
デザイン:一本寿和
images:iStocks/M-A-U・WhataWin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行