「Liquid Global」がハッキング、被害額は約69億円か

Liquid Globalがハッキング、被害額は約69億円か

暗号資産取引所Liquid Globalが8月19日にハッキングを受け、資産の入出金を停止したことが明らかになった。

日本のQUOINE株式会社のシンガポール現地法人であるQUOINE PTEが、入出庫管理に利用していたMPCウォレットがハッキング被害を受けたとのこと。QUOINE株式会社は影響を確認中とし「分別管理に利用しているコールドウォレットは安全であり、お客様からお預かりしている資産への影響は確認されておりません」と公式ブログに掲載している。

なおハッキングされたのはホットウォレットで、インターネットに接続されている状態で暗号資産を管理するタイプのものだ。現在Liquid Globalは安全性が高いコールドウォレットに資産を移動させているとのことだ。

なおLiquid Globalは「ハッキングされた暗号資産はBitcoin、Ethereum及びERC20 Token、TRON、XRPである」とはツイートしている。

またLiquid Globalが公表する各暗号資産のアドレスに基づきオンチェーンデータを参照すれば、被害総額は合計約69億円となる。その内訳は次の通りである。
ビットコイン:約107BTC(約5億2,000万円)
イーサリアム及びERC20 Token:約14,945Ether( 約49億円)
トロン:約260万TRX(約2,300万円)
リップル:約1,151万XRP(約14億円) 

QUOINEは公式ブログで「現在も詳細は調査中ですので、暗号資産の入出庫再開、状況の進展がありましたらEmail, Twitterにてご連絡させていただきます」と記載している。

参考:Liquid Global Bitcoin ExplorerEtherscanXRP Scan TRONSCAN
デザイン:一本寿和
images:iStocks/M-A-U・WhataWin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した