ギタリストのMIYAVI、9月にNFTプロジェクト始動へ

ギタリストのMIYAVI、9月にNFTプロジェクト始動へ

世界的ギタリストのMIYAVIがNFTプロジェクトをマーケットプレイス「KLKTN(コレクション)」にて開始することが8月18日にユニバーサル・ミュージック・ジャパンの発表によって明らかになった。「KLKTN」はライフネット生命創業者の岩瀬大輔氏が創業し、経営するNFT関連企業である。マーケットプレイスの基盤はFlow Blockchainとなっている。

MIYAVIのNFTプロジェクトは、9月15日に13thオリジナル・フルアルバム『Imaginary』発売に加えて開始されるものとなっている。ちなみにこのアルバムはMIYAVIの40歳の誕生日となる9月14日に合わせてリリースされる。

このNFTプロジェクトではカン・ダニエル(Kang Daniel)とのコラボレーション楽曲「Hush Hush (feat. Kang Daniel)」のミュージックビデオからインスパイアされた完全オリジナルの「スペシャルエディション」アイテムや、MIYAVIの活動の背景を収めた「Moments(モーメンツ)」アイテムがローンチされる予定とのことだ。

またNFTプロダクトの販売はアルバム発売日以降に予定されており、詳細はおって「KLKTN」より発表が行われるとのことだ。

MIYAVIはアルバム発売に際して次のようにコメントしている。

「世界は反転する。想像力、創造力こそが未来を創る唯一の扉だと僕は本気で信じています。」

今回のアルバムのプロデューサであり、KLKTNの創業者でもあるJEFF MIYAHARA氏は次のようにコメントしている。

「MIYAVIは、私がこれまでご一緒してきたアーティストの中でも、表現力、インスピレーションに溢れる貴重なアーティストでした。彼の音楽、そしてメッセージは今まさにこの世界に必要としているものだと信じています。

MIYAVIの新しい声。それが今回彼と音楽を作る中で私たちが見つけたものです。彼のギターサウンドは誰もが知るところ。今度は皆さんに彼の叫びを聴いていただきます。」

参考:ユニバーサル・ミュージック・ジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/rista2402

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズ、タツノコプロ「黄金戦士ゴールドライタン」のNFTグローバルライセンス取得

ブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う企業であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)が、日本のテレビアニメ『黄金戦士ゴールドライタン』のブロックチェーンゲームおよびNFT製作に関するグローバルライセンスを取得したことが分かった

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored