ギタリストのMIYAVI、9月にNFTプロジェクト始動へ

ギタリストのMIYAVI、9月にNFTプロジェクト始動へ

世界的ギタリストのMIYAVIがNFTプロジェクトをマーケットプレイス「KLKTN(コレクション)」にて開始することが8月18日にユニバーサル・ミュージック・ジャパンの発表によって明らかになった。「KLKTN」はライフネット生命創業者の岩瀬大輔氏が創業し、経営するNFT関連企業である。マーケットプレイスの基盤はFlow Blockchainとなっている。

MIYAVIのNFTプロジェクトは、9月15日に13thオリジナル・フルアルバム『Imaginary』発売に加えて開始されるものとなっている。ちなみにこのアルバムはMIYAVIの40歳の誕生日となる9月14日に合わせてリリースされる。

このNFTプロジェクトではカン・ダニエル(Kang Daniel)とのコラボレーション楽曲「Hush Hush (feat. Kang Daniel)」のミュージックビデオからインスパイアされた完全オリジナルの「スペシャルエディション」アイテムや、MIYAVIの活動の背景を収めた「Moments(モーメンツ)」アイテムがローンチされる予定とのことだ。

またNFTプロダクトの販売はアルバム発売日以降に予定されており、詳細はおって「KLKTN」より発表が行われるとのことだ。

MIYAVIはアルバム発売に際して次のようにコメントしている。

「世界は反転する。想像力、創造力こそが未来を創る唯一の扉だと僕は本気で信じています。」

今回のアルバムのプロデューサであり、KLKTNの創業者でもあるJEFF MIYAHARA氏は次のようにコメントしている。

「MIYAVIは、私がこれまでご一緒してきたアーティストの中でも、表現力、インスピレーションに溢れる貴重なアーティストでした。彼の音楽、そしてメッセージは今まさにこの世界に必要としているものだと信じています。

MIYAVIの新しい声。それが今回彼と音楽を作る中で私たちが見つけたものです。彼のギターサウンドは誰もが知るところ。今度は皆さんに彼の叫びを聴いていただきます。」

参考:ユニバーサル・ミュージック・ジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/rista2402

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。