ブリッジプロトコル「Wormhole」、ハッキングで約373億円相当流出。DeFiでは過去最大額

Wormhole、ハッキングで約373億円相当流出

異なるトークンを交換するためのブリッジプロトコルであるワームホール(Wormhole)が、12万wETH(約373億円)のハッキング被害を受けたことを2月3日に発表した。分散型金融(DeFi)プロトコルの被害としては、過去最大額だという。

ワームホールは特にソラナブロックチェーン(Solana Blockchain)とイーサリアム(Ethereum)のトークンなどを交換するために利用されているプロトコル。

wETH(Wrapped Ethreum)とはユーザーがワームホールを使い、イーサリアムからソラナへ変換する際にミント(鋳造)されるトークンのことだ。ハッカーはワームホールでwETHがミントされるプロセスの脆弱性を狙ったという。

ワームホールは、wETHがプロトコル上で「1:1」の割合で担保され続けられるようにイーサ(ETH)の供給量を増やすとツイートで説明している。

またワームホールの開発者はハッカーに対して、ワームホールのバグバウンティの概要を示した。ワームホールの開発者は「私たちは、あなたがSolana VAA検証を悪用してトークンをミントすることができたことに気づきました。私たちはあなたにホワイトハット契約(whitehat agreement)を提示し、悪用の詳細とあなたがミントしたwETHを返すために1000万ドルのバグバウンティを提示したいと思います」と説明している。

ワームホールは、またハッキングの詳しい状況が分かり次第、ツイートにて詳細を明らかにしていくとしている。

参考:Wormhole
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。