JCBら、中銀デジタル通貨の実証実験「JCBDC」、既存タッチ決済でスマホ・カード利用

JCBらが中銀デジタル通貨の実証実験「JCBDC」開始

ジェーシービー(JCB)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)向け決済ソリューションの開発および実証実験を行う「JCBDC」プロジェクトの開始を10月24日発表した。JCB既存のクレジットカードインフラとカード形状インターフェイスによるCBDC取引利用を目指すプロジェクトになるという。

今後「一般利用(リテール)型CBDC」の導入を想定した際に課題となる「既存の決済インフラとの融合」や「高齢者や子供などのスマートフォンを利用しない層も含めた幅広いユーザーにとってフレンドリーな環境の提供」などに対応する実証を実施するとのこと。

なおこのプロジェクトは、金融・通信・アイデンティティ・公共セキュリティ・IoT分野の国際的な顧客に拡張アイデンティティを提供する仏アイデミア(IDEMIA)と、グローバルに決済ソリューションサービスを提供するマレーシアのフィンテック企業ソフトスペース(Soft Space)との3社共同プロジェクトとなる。

3社はこのプロジェクトで「JCBの提供するタッチ決済インフラの活用」、「CBDC向けのカード提供」、「疑似的なCBDC取扱環境の構築」といった3つの機能からなるソリューションを開発するとしている。

「JCBの提供するタッチ決済インフラの活用」では、 JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)をそのまま利用可能となるように、取扱店舗の決済インフラ、利用者のインターフェースを構築する。取扱店舗の決済インフラには、ソフトスペースの持つスマートフォンを非接触決済端末として利用する「Tap on Mobile」を利用するとのこと。

「CBDC向けのカード提供」では、JCBの提供するタッチ決済機能を有したカード形状のCBDC向けインターフェースを提供するという。

なお今回の実証実験ではタッチ決済の活用となるが、スマホ・カード共に将来的には「QUICPay(クイックペイ)」や「QUICPay+(クイックペイプラス)」などのモバイル決済ソリューションや、JCB提供のQRコード・バーコード決済ソリューション「Smart Code(スマートコード)」の活用も検討するとのこと。

また「疑似的なCBDC取扱環境の構築」では、CBDCにおける「アカウント方式」と「トークン方式」のうち今回は、ブロックチェーン上にバリュー管理機能を構築する「トークン方式」を採用し、独自に疑似的なCBDC環境を提供するとのこと。その上で利用者およびCBDC取扱店舗がそれぞれの保有するCBDC残高を確認するための照会インターフェースを提供するとのことだ。

なお「JCBDC」プロジェクトでは、2022年中に決済ソリューションを開発の上、2023年3月末までの期間に実店舗での実証実験を行い技術検証ならびに課題の潰しこみを行っていく予定としている。

「あたらしい経済」はJCBの広報担当者へ、今回開発するソリューションに採用するブロックチェーンについて確認を取っている。返答が得られ次第こちらの記事追記させていただく予定だ。

以下2022.10.25 12:36追記

「あたらしい経済」編集部が今回開発するソリューションに採用するブロックチェーンについて確認を取ったところ、「ビットコインブロックチェーンベースで独自の実証環境を構築しております」との回答を得た。また「本番は、CBDCで利用される環境との接続を想定しておりますので、あくまで実証用になります」とも付け加えてくれた。

関連ニュース

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain、異なるデジタル通貨の同時交換「PVP決済」の検証成功

CBDCハッカソン「G20 TechSprint」、各部門の優勝チーム発表

SWIFT、「CBDCクロスボーダー決済」の実験に成功

BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始

参考:JCB
デザイン:一本寿和
images:iStocks/vittaya25

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored