SWIFT、「CBDCクロスボーダー決済」の実験に成功

SWIFT、CBDCクロスボーダー決済実験で相互運用性を確認

国際銀行間ネットワークシステムを提供するSWIFT(スウィフト)が、既存の金融インフラ上でCBDC(中央銀行デジタル通貨)およびトークン化された資産のシームレスな転送に成功したことを10月5日に発表した。

SWIFTはトークンの転送に関する複数のプロジェクトに参加しており、そのうち「異なるブロックチェーン間におけるCBDCのクロスボーダー取引」と、「複数のプラットフォームで発行されたトークン化資産の現金決済」の2つの実験に成功したとのことだ。

「異なるチェーン間におけるCBDCのクロスボーダー取引」

このプロジェクトはフランスのコンサル企業キャップジェミニ(Capgemini)と共同で今年5月から実施されていたものであり、米コンセンシス(ConsenSys)のクォーラム(Quorum)と米R3のコルダ(Corda)をベースとした異なるDLTネットワーク間におけるCBDCの転送を検証した。さらにこれらのネットワークと即時グロス決済システムを接続することにより、CBDCの転送と同時に現金決済を行うことに成功したとのことだ。

このプロジェクトにより、SWIFTが異なるブロックチェーン間のクロスボーダー決済におけるゲートウェイの役割を果たし得ることが示されたとのこと。

なおクォーラムとコルダは、エンタープライズ向けのブロックチェーン基盤だ。

「複数のプラットフォームで発行されたトークン化資産の現金決済」

このプロジェクトはシティ(citi)、クリアストリーム(Clearstream)、ノーザントラスト(Nothern Trust)、SETLによって共同で行われたものであり、SWIFTのインフラを介して複数のトークン化プラットフォーム上でトークン化資産の発行、転送などに成功したとのこと。このプロジェクトにより、SWIFTがトークン化プラットフォーム間に相互運用性を提供できることが示されたとのことだ。

これらのプロジェクトの結果についてSWIFTのチーフ・イノベーション・オフィサーであるトム・シュシャック(Tom Zschach)氏は以下のようにコメントしている。

「デジタル通貨とトークンは、将来の支払い方法と投資方法を形作る大きな可能性を秘めています。私たちは包括性と相互運用性を金融エコシステムの中心的な柱と考えており、私たちのイノベーションがデジタルの未来の可能性を引き出すための大きな一歩となると考えています。私たちのソリューションを利用することで、中央銀行は単一のゲートウェイを通じて世界中の他のすべての決済システムに簡単かつ直接接続することができ、クロスボーダー決済の即時かつ円滑な流れを確保することができるようになります」

なおSWIFTは9月28日に分散型オラクルネットワークを提供するチェーンリンク(Chainlink)と提携し、クロスチェーンプロトコルの概念実証を行っていることを発表している。

関連ニュース

SWIFTとチェーンリンク(LINK)、ブロックチェーン間取引に向けた概念実証実施

SWIFT、2022年にトークンアセットの相互運用に関する実証実験開始へ

タイ中銀、リテールCBDC実証実験を年内開始へ

米シティ、BC活用の貿易金融PF「TradeLens」の試験運用完了

BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始

参考:SWIFT
images:iStocks/style-photography

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催