米コインベース、豪州ユーザー向けにサービス拡大

コインベースがオーストラリアユーザー向けにサービス拡大

米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、豪州を優先的な市場とし、同国ユーザー向けにサービス拡大することを10月4日に発表した。

まずコインベースは、豪州ユーザーによる暗号資産の売買および取引をより簡単にする為、豪州のローカル決済プラットフォーム「PayID」を導入するとのこと。これによりオーストラリアドル(AUD)をコインベースアカウントに直接送金できるようになるとのことだ。

「PayID」は、豪州の金融サービス部門と同国の中央銀行である豪州準備銀行(RBA)が構築した高速決済インフラストラクチャNPP(New Payments Platform)のイニシアチブ。NPP Australiaが運用・保守を行っている。「PayID」の利用により、ユーザーは電話番号やメールアドレスを銀行口座にリンクし決済ができる。

また豪州ユーザーには、高度な取引ツールにアクセスできる機能「リテールアドバンストレーディング (Retail Advanced Trading)」やセキュリティ機能、24時間年中無休のチャットサポートも提供されるとのこと。

なおコインベースは、豪州法人コインベースオーストラリア(Coinbase Australia Pty Ltd)を既に設立しており、暗号資産交換サービスを提供するうえで必要とされる、オーストラリア取引報告分析センター(AUSTRAC)への登録が完了しているとのこと。

関連ニュース

コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得

米コインベース元社員らインサイダー容疑で逮捕、上場情報で約2億円

米SECがコインベースを調査か、証券として登録すべき暗号資産取扱の有無を

米コインベース、機関投資家向けにイーサ(ETH)ステーキング提供

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/
werbeantrieb

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored