コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得

米コインベースがオランダで暗号資産ライセンス取得

米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、オランダ中央銀行(DNB)に暗号資産サービスプロバイダーとして登録が完了したことを9月22日発表した。

発表によるとコインベースはこの登録により、リテール(小売)・機関投資家向けを含めたコインベース提供の全商品がオランダで提供可能になったとのこと。

またグローバルに展開する暗号資産取引所がDNBより登録承認されたのは、初の事例とのことだ。

コインベースは現在、欧州約40カ国で暗号資産関連のサービスを提供している。同社は「欧州全体でプレゼンスを強化する過程にある」と述べており、主要な市場において現地の規制に準拠し、ライセンス申請が進行中であるとしている。

なお直近でのコインベースによる欧州地域の規制当局からの承認事例として、7月にイタリアの暗号資産事業に関する法律「Organismo Agenti e Mediatori(OAM)」のもと、暗号資産サービスプロバイダーとしての登録が完了したことを報告している。

これによりコインベースはイタリア居住者に対し、暗号資産に関する取引やカストディ(保管)サービスの提供が可能になっている。

関連ニュース

米コインベース、イタリアで暗号資産ライセンス取得

米コインベース元社員らインサイダー容疑で逮捕、上場情報で約2億円

米SECがコインベースを調査か、証券として登録すべき暗号資産取扱の有無を

米コインベース、機関投資家向けにイーサ(ETH)ステーキング提供

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・rarrarorro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も