米シティ、BC活用の貿易金融PF「TradeLens」の試験運用完了

米シティがTradeLensの試験運用完了

米金融大手シティグループ(Citigroup)が「TradeLens(トレードレンズ)」を利用して、初のペーパーレスによる貿易金融取引の試験運用を完了したことを9月19日発表した。

「トレードレンズ」は、デンマーク拠点の海運コングロマリットであるマースク(Maersk)とIBMが共同で開発した海運業界向けのブロックチェーンサプライチェーンプラットフォームだ。エンタープライズ向けブロックチェーンであるHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)を元にしたIBM Blockchain Platformを利用して開発されている。

試験運用を行ったのはシティのトレジャリー&トレード・ソリューションズ部門アジア太平洋担当だ。「トレードレンズ」を活用し、書類処理のリードタイムを大幅に短縮することでサプライチェーンの効率を向上させる技術の有効性を実証したという。

農業ビジネス大手シンジェタ(Syngenta)のバングラデシュ支社がインドからバングラデシュへ輸入した農薬製品の輸入の際に試験運用が行われたとのこと。

ブロックチェーンを活用した電子船荷証券 (eBL) で作成された信用状(LC)により、20~25日と予想された書類処理の時間は10日間短縮されたとのことだ。また書類作成、郵便料金、港湾使用料、輸送に関わるコストも削減されたと付け加えられている。

関連ニュース

海運コンテナ主要2社、トレードレンズのブロックチェーンにデータ統合

海運コンソーシアムGSBN、ブロックチェーンプラットフォームを正式稼働

トレードワルツ、タイの貿易プラットフォーム「NDTP」と連携へ

住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

参考:トレードレンズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/JHVEPhoto

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ