住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ

住友商事がマインハブのPFを利用へ

住友商事が、ブロックチェーン活用の金属資源貿易プラットフォーム利用に関する商業契約を締結した。カナダを拠点に同プラットフォームを開発・提供するMineHub(マインハブ)が8月16日発表した。

発表によるとこの契約により、住友商事はマインハブのプラットフォームおよびエンタープライズアプリケーションを有料で使用することになるという。またマインハブのグローバルチームは、住友商事のグローバルネットワークにある鉱山会社、製錬所、サービスプロバイダーに対し、マインハブのプラットフォームの導入支援を行っていくとのことだ。なお同プラットフォームを利用することで、ユーザーはサプライチェーンにおける鉱物をリアルタイムかつ正確に追跡できるようになる。

なおマインハブのプラットフォームには、IBMが主導するエンタープライズ向けブロックチェーン「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)」が基盤に利用されている。

住友商事とマインハブは2020年より共同で製品開発を実施しており、今年2月にはプラットフォーム普及の為の協業を開始していた。今回の商業契約は2月に開始した協業関係を運用するための新たなステップであるとのことだ。

関連ニュース

トレードワルツとマインハブ、ブロックチェーンで住友商事の銅輸入実証実験

米国三菱商事が貿易決済でブロックチェーン活用、ペルー鉱山から約47億円相当の金属購入

貿易金融コントゥールと金属鉱業マインハブ、両ブロックチェーンソリューション統合へ向け提携

金属・鉱山業大手リオ・ティント(Rio Tinto)がブロックチェーンを活用したサスティナビリティソリューション「START」を発表

紛争鉱物問題を解決する、ブロックチェーンの可能性

参考:MineHub
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kasezo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored