ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

なおバリデータクライアントとは、ユーザーがバリデーターとしてブロックチェーンに参加するために利用するソフトウェアのこと。またバリデータとは、プルーフオブステーク(PoS)のブロックチェーンにおいて記録されるデータに不正がないかを検証するノードのこと。バリデータとしてネットワークに貢献することで一定額の報酬を得ることも可能だ。

今回ジャンプクリプトが開発着手したバリデータクライアントは「Firedancer(ファイアダンサー)」と名付けられており、「C++言語」による設計が計画されているとのこと。

現在のソラナネットワークのバリデータクライアントは、「Rust言語」をベースにソラナラボ(Solana Labs)によって設計されたものが利用されており、今回開発が発表されたものは従来のものとは全く別のソフトウェアとなる。

今回新たなバリデータクライアントを開発し導入することは、ソラナネットワークにとって長期的な分散化における重要なステップであると説明されている。

また発表によるとこの「Firedancer」開発プロジェクトは、ジャンプクリプトの最高科学責任者ケビン・バウアーズ(Kevin Bowers)氏が監督するとのことだ。

ソラナネットワークの共同設立者アナトリ―・ヤコヴェンコ(Anatoly Yakovenko)氏は「ジャンプクリプトのエンジニアがネットワークに新しい視点をもたらし、ネットワークの回復力と効率化に貢献できることに興奮しています」とリリースで述べている。

ジャンプクリプトは、自己勘定取引を提供するシカゴの企業であるジャンプトレーディンググループ(Jump Trading Group)の暗号資産部門であり、過去にはイーサリアムネットワークからソラナネットワークに資産を移動させるためのサービスである「ワームホール(Wormhole)」がハッキングされた事件で、ワームホールに3.2億ドル相当のイーサリアム(ETH)を提供し支援を行っていた。

またジャンプクリプトは、ソラナキラーと呼ばれる新たなブロックチェーンであるアプトス(Aptos)の主要な支援者であることも知られているが、今回ソラナに関する取り組みを行っている。

関連ニュース

L1ブロックチェーン開発「Aptos」、FTXやJump Cryptoらから約204億円調達

ブリッジプロトコル「Wormhole」、ハッキングで約373億円相当流出。DeFiでは過去最大額

ソラナ(Solana)ハッキング続報、原因はSlopeウォレットか、SOL価格にほぼ影響せず

ソラナ(SOL)、ニューヨークで直営店オープン

ソラナ、a16zやPolychainらから約343億円調達

参考:ジャンプクリプト
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Kinwun・fongleon356

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored