米国三菱商事が貿易決済でブロックチェーン活用、ペルー鉱山から約47億円相当の金属購入

米国三菱商事が貿易決済でブロックチェーン活用

三菱商事の米国子会社である米国三菱商事が、ブロックチェーン企業スクチェーン(Skuchain)のブロックチェーンシステム内の決済用トークンを利用して、ペルーの鉱山から約47億円(4,300万ドル)相当の金属を購入したことを8月24日に発表した。

スクチェーンが提供するブロックチェーン上での決済取引は「支払いコミットメント(Distributed Ledger PaymentCommitment:DLPC)」と呼ばれており、その標準化策定を目指しているものだ。

スクチェーンは2019年に世界経済フォーラムによってテクノロジー・パイオニア企業に選出されている。 今回の取引では、みずほ銀行がペルーの鉱山へ資金を支払う役割を担った。

リリースによれば、購入者が使用したトークンはトランザクションバンキングの最大の業界団体であるBAFT(The Bankers Association for Finance and Trade)によって発行されたものとのことだ。また今回の購買を通して、スクチェーンのブロックチェーンでは従来の取引手段と同じレベルのセキュリティ状態を保ったまま、より低コストな取引が実現できたとのこと。

米国三菱商事のシリコンバレー支店イノベーション&デザインシンキングディレクターのYuichiro Yoshinari氏はリリースで次のようにコメントしている。

「今回、スクチェーンおよびみずほ銀行と協力して、実際の取引で初のDLPC取引を行うことができ、大変光栄に思います。お客様やパートナーにより良いサービスを提供するために、DLPCを活用する機会を継続的に追求していきたいです。」

みずほ銀行グローバル・トランザクション・バンキング部長のYoshisuke Maeda氏は次のようにコメントしている。

「米国三菱商事とスクチェーンとの間で、初のDLPC取引を実施できたことを光栄に思います。 貿易金融の最先端技術を活用し、お客様の多様なニーズにお応えするサービス提供力の向上を加速させていきたいです。」

参考:Skuchain
images:iStocks/Ninja-Studio・tifonimages
デザイン:一本寿和

 

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も