米大手メディアFOX、NFT企業Eluvioへ出資

米大手メディアFOX、NFT企業Eluvioへ出資

米国大手メディア企業のフォックス(FOX)が、シリーズAラウンドでエルヴィオ(Eluvio)へ出資したことを8月25日に発表した。出資額は明らかになっていないが、エルヴィオの評価額は110億円(1億ドル)となった。エルヴィオはブロックチェーン技術を活用したコンテンツ配信プラットフォームを提供している。

また資本提携の一環として、フォックスは同社エンタメ領域のグループ会社「FOX Entertainment」と「Bento Box Entertainment」が共同で立ち上げたNFT事業およびクリエイティブユニットである「Blockchain Creative Labs」に、エルヴィオの技術プラットフォームを活用することも発表した。また、フォックスのデジタル部門の最高技術責任者兼社長であるポール・チーズブロウ(Paul Cheesbrough)氏が、エルヴィオの取締役に就任した。

ポール・チーズブロウ氏はエルヴィオへの出資に関して次のようにコメントしている。

「フォックスでは、ブロックチェーンとより分散化されたウェブへの全体的なシフトが、クリエイターにエキサイティングな新しい体験を消費者に届けるための豊富な機会を提供していると考えています、ミシェルやサーバンらのエルヴィオチームは、ブロックチェーン上で分散型のライブ体験を実現するために必要なソフトウェアとスケーラブルなインフラに関しては業界随一であり、私たちの投資によってこの技術をより多くのコンテンツクリエイター、メディアパートナー、広告クライアントに提供することができます。」

Blockchain Creative LabsのCEOであり、Bento Box Entertainmentの共同創業者兼CEOであるスコット・グリーンバーグ(Scott Greenberg)氏は次のようにコメントしている。 「ブロックチェーン上のトークン化されたメディアには大きなチャンスがあると信じています。エルヴィオのチームメンバーはデジタル分野のパイオニアであり、エルヴィオへの戦略的投資により、FOXとBlockchain Creative Labsは、NFT市場の未来を共に描きながら、このビジネスを構築するための不可欠なパートナーを得ることができました」

参考:フォックス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Massimo-Giachetti

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている