米大手メディアFOX、NFT企業Eluvioへ出資

米大手メディアFOX、NFT企業Eluvioへ出資

米国大手メディア企業のフォックス(FOX)が、シリーズAラウンドでエルヴィオ(Eluvio)へ出資したことを8月25日に発表した。出資額は明らかになっていないが、エルヴィオの評価額は110億円(1億ドル)となった。エルヴィオはブロックチェーン技術を活用したコンテンツ配信プラットフォームを提供している。

また資本提携の一環として、フォックスは同社エンタメ領域のグループ会社「FOX Entertainment」と「Bento Box Entertainment」が共同で立ち上げたNFT事業およびクリエイティブユニットである「Blockchain Creative Labs」に、エルヴィオの技術プラットフォームを活用することも発表した。また、フォックスのデジタル部門の最高技術責任者兼社長であるポール・チーズブロウ(Paul Cheesbrough)氏が、エルヴィオの取締役に就任した。

ポール・チーズブロウ氏はエルヴィオへの出資に関して次のようにコメントしている。

「フォックスでは、ブロックチェーンとより分散化されたウェブへの全体的なシフトが、クリエイターにエキサイティングな新しい体験を消費者に届けるための豊富な機会を提供していると考えています、ミシェルやサーバンらのエルヴィオチームは、ブロックチェーン上で分散型のライブ体験を実現するために必要なソフトウェアとスケーラブルなインフラに関しては業界随一であり、私たちの投資によってこの技術をより多くのコンテンツクリエイター、メディアパートナー、広告クライアントに提供することができます。」

Blockchain Creative LabsのCEOであり、Bento Box Entertainmentの共同創業者兼CEOであるスコット・グリーンバーグ(Scott Greenberg)氏は次のようにコメントしている。 「ブロックチェーン上のトークン化されたメディアには大きなチャンスがあると信じています。エルヴィオのチームメンバーはデジタル分野のパイオニアであり、エルヴィオへの戦略的投資により、FOXとBlockchain Creative Labsは、NFT市場の未来を共に描きながら、このビジネスを構築するための不可欠なパートナーを得ることができました」

参考:フォックス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Massimo-Giachetti

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。