ポルカドット(DOT)創設者ギャビンウッド、ParityのCEO退任しチーフアーキテクトに

ギャビン・ウッドがパリティのCEO退任

ポルカドット(Polkadot)の共同創設者であるギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏が、パリティテクノロジーズ(Parity Technologies)のCEO退任を10月21日発表した。

発表によるとウッド氏はチーフアーキテクトとしてパリティに残り、技術開発に集中するとのこと。なお後任のCEOには、パリティの共同創設者であるビョルン・ワグナー(Björn Wagner)氏が就任する。

パリティは、ブロックチェーン開発キット「サブストレート(Substrate)」を開発する企業。ポルカドットに繋がっているパラチェーンは「サブストレート」で開発されたブロックチェーンとなっている。同社は2015年に「イーサコア(EthCore)」の名称で立ち上げられ、2018年までイーサリアムのコア開発者集団として活動。ウッド氏は2020年後半に創業者の一人が退任したことで、CEOに就任していた。

ウッド氏は元イーサリアム(Ethereum)の共同創設者兼CTOを務めていた人物だ。イーサリアムの開発言語「ソリディティ(Solidity)」を提案したことでも知られている。ポルカドットは同氏がブロックチェーンに関するスケーリング問題や相互運用性などに対応するため提案したプロジェクト。なおウッド氏はポルカドットの開発を主導するWeb3財団(Web3 Foundation)の創設者でもある。

同財団に所属する大日方祐介氏は自身のツイッターで『彼は内向的な人で、一般的なCEOに求められる多くの会議や外交的な仕事が好きなほうではないです。今回正式に役割分担ができたことで彼が本当に好きで得意な「新たな実験をコードを通して実装し、テクノロジーを通して世界を変える事」に一層没頭できることになります』とコメントしている。

またウッド氏自身も「自分が好きな、組織のミッションに最も貢献できると思うことに、より多くの時間を割くことができるようになる」とコメントしている。

関連ニュース

【取材】本田圭佑やギャビンウッドも出資、ステイクのアスターネットワーク(ASTR)がPolychain主導で約25億円調達

ポルカドット(DOT)、分散性強化する新ガバナンスシステム発表

フェイスブックらのディエム元COO、ポルカドット開発元Web3財団COOに

「壊れたウェブから社会を解放する」PolkadotをメインネットローンチしたWeb3 Foundationが語る未来

マイクロストラテジーのマイケルセイラー、CEO退任し会長へ、ビットコイン取得戦略は継続

参考:パリティテクノロジーズ

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した