フェイスブックらのディエム元COO、ポルカドット開発元Web3財団COOに

ディエム元COOが、Web3財団COOに

ディエム協会(Diem Association)の元COO(最高執行責任者)バートランド・ペレス(Bertrand Perez)氏が、9月よりポルカドット(Polkadot)の開発を行うWeb3財団(Web3 Foundation)のCOOに就任したことが分かった。

ペレス氏のリンクトイン(LinkedIn)によると、2年3ヵ月務めたディエム協会のCOOを今年7月に辞任しており、9月からWeb3財団のCOOを務めていることが分かる。

ディエム協会は、米Facebook(フェイスブック)が主導するステーブルコインプロジェクトである「Diem(ディエム:旧リブラ)」を推進する非営利団体だ。フェイスブックの他、スポティファイ(Spotify)、ショッピファイ(Shopify)、ウーバー(Uber)などのテック企業や、ベンチャーキャピタルのa16z(アンドリーセンホロウィッツ)などの企業によって構成されている。

またWeb3財団は、複数の異なるブロックチェーン間の相互接続(インターオペラビリティ)を可能にするブロックチェーンプロジェクトのポルカドットの他、その実験用ネットワークであるクサマ(Kusama)の開発を主導している。なお同財団はイーサリアム(Ethereum)の元CTO兼共同創業者であるギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏が共同創業している。

参考:リンクトイン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/4×6

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ