フェイスブックらのディエム元COO、ポルカドット開発元Web3財団COOに

ディエム元COOが、Web3財団COOに

ディエム協会(Diem Association)の元COO(最高執行責任者)バートランド・ペレス(Bertrand Perez)氏が、9月よりポルカドット(Polkadot)の開発を行うWeb3財団(Web3 Foundation)のCOOに就任したことが分かった。

ペレス氏のリンクトイン(LinkedIn)によると、2年3ヵ月務めたディエム協会のCOOを今年7月に辞任しており、9月からWeb3財団のCOOを務めていることが分かる。

ディエム協会は、米Facebook(フェイスブック)が主導するステーブルコインプロジェクトである「Diem(ディエム:旧リブラ)」を推進する非営利団体だ。フェイスブックの他、スポティファイ(Spotify)、ショッピファイ(Shopify)、ウーバー(Uber)などのテック企業や、ベンチャーキャピタルのa16z(アンドリーセンホロウィッツ)などの企業によって構成されている。

またWeb3財団は、複数の異なるブロックチェーン間の相互接続(インターオペラビリティ)を可能にするブロックチェーンプロジェクトのポルカドットの他、その実験用ネットワークであるクサマ(Kusama)の開発を主導している。なお同財団はイーサリアム(Ethereum)の元CTO兼共同創業者であるギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏が共同創業している。

参考:リンクトイン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/4×6

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。