「壊れたウェブから社会を解放する」PolkadotをメインネットローンチしたWeb3 Foundationが語る未来

Web3関連プロジェクトへの投資および研究開発を行っているWeb3 Foundationが、同財団が開発するブロックチェーンPolkadot(ポルカドット)のメインネットローンチの第一段階に入ったことを5月26日に発表しました。それにあわせて「あたらしい経済」はGavin  Wood率いるWeb3 Foundationからコメントをいただきました。ぜひお読みください。

Web3 Foundation から「あたらしい経済」へのコメント

−ギャビンは開発者の価値を高めたいという思いが強いと思います。なぜ今、開発者の価値が社会的にシフトしているとお考えでしょうか? またギャビンが考える開発者のあるべき姿の要素を教えてください。

私たちWeb3ファウンデーションの創業者Gavin  Woodは以下のように話しています。

「Polkadot(ポルカドット)は、すべての開発者がビジネスパーソンになることを可能にします。開発者がアルゴリズムサービス(例えば組み込み可能なプログラムそのものといったような)をオンラインで提供でき、実際に収益を上げることができる自律的なビジネスを構築できる世界です」

「”ペンは剣よりも強い”という言葉を聞いたことがありますか? 私は近いうちにキーボードはさらにペンよりも強力になるだろうと思っています」

これは以下の動画でもGavinが話している開発者の役割と価値についての彼のコメントです。

決して開発者の価値観に社会的な変化はあったわけではありません。 実際は開発者の真の可能性が満たされていなかったのです。

私たちは開発者がさまざまな制約を突破できるように支援しています。そして開発者は、プロジェクトの設計者であるだけでなく、意思決定者でもあるようにエンパワーされるべきなのです。

−Kusamaネットワークを稼働させて得られた分析結果をメインネットでどう活しましたか?

Kusamaはカナリアネットワーク*1として、より高レベルの安定性が求められるPolkadotの環境にデプロイする前にチームに重大な問題を警告するために作成されました。

そのためKusamaは、よりリスク回避が求められるアプリケーションに向けて提供されるPolkadotの安全性と安定性を確保する上で重要な役割を果たしています。

これからもKusamaは革新的なことをしたいチームのための実験的な開発環境であり続けるでしょう。 

*1 新バージョンのサービスをリリースする際に同時並行で稼働させ、各種テストや実験的な実装を行うバージョンのこと

−Polkadotは、アフターコロナで世界中の人々の社会生活にどのような利益をもたらそうと考えていますか?Before Coronaの社会生活の違いを考慮しながら、この質問に答えていただけるとありがたいです。

Polkadotのミッションは「私たちのアイデンティティとデータが私たち自身のものであり、中央の権威から安全に保護された分散型のウェブを実現すること」です。

アフターコロナの世界では、政府や企業による個人の健康データへのアクセスについて多くの懸念がありますが、Polkadotや他のプロトコルがその問題に必ず対処するでしょう。

Polkadotは分散型のアプリケーションやサービスをこれまで以上に簡単に作成し、接続することを可能にします。そして、開発者がより良いソリューションを構築できるようにすることで、私たちは大規模な企業や政府機関が私たちの信頼を侵害するようなBroken Web(壊れたウェブ)から社会を解放しようとしています。

英語原文

− I think Gavin has a very strong desire to increase the value of the coder. Why is there a societal shift in the value of coders today? And what are some of the elements of what Gavin thinks a coder should look like?

“Polkadot allows every coder to also be a businessman. They just place an algorithmic service online and it’s a self-sovereign, autonomous, economically strong business. The world, in some sense, belongs to coders.” 

“You’ve heard the phrase, the pen is mightier than the sword? Well, the keyboard is going to become even mightier than the pen, pretty soon.” 

These are Gavin’s comments on the role and value of the coder, from this video: https://youtu.be/GcOKXAOh4Xw

There has not necessarily been a societal shift in the value of coders, but rather that their true potential wasn’t being met. We are helping coders to break through restrictions. Coders should be empowered to not only be the architect of their project but also the decision-makers.

− How did you use the results of the analysis obtained from running the Kusama network on the mainnet?

As a canary network, Kusama was created to warn teams of any major issues before deploying to the higher-stakes environment of Polkadot. So Kusama plays an important role in securing and stabilizing Polkadot for more risk-averse applications. And it will remain an experimental development environment for teams who want to move fast and innovate on Kusama.  

−How does Polkadot benefit the social life of people around the world in After Corona? I would appreciate it if you could answer these questions while taking into account the differences in the social life of Before Corona.

Polkadot’s mission is to bring about a decentralized web where our identity and data is our own — safely secured from any central authority. In a post-COVID world, there are many concerns about government and corporate access to private health data, for instance, that Polkadot and other protocols will address. Polkadot makes it easier than ever to create and connect decentralized applications and services. By empowering coders to build better solutions, we seek to free society from a broken web where large institutions violate our trust.

関連記事

→イーサリアムの元CTO兼共同創業者であり「Polkadot(ポルカドット)」Co-Founder の Dr. Gavin Wood 氏に突撃取材!

翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
取材協力: 大日方 祐介(Obi)
編集:設楽悠介(あたらしい経済)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【取材】経理のDXを加速する「LayerX INVOICE」が提供する価値(LayerX 牧迫寛之氏インタビュー)

株式会社LayerXは今週、同社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE(レイヤーエックス・インボイス)」と弥生株式会社「弥生会計」、ピー・シー・エー株式会社の「PCA会計」、株式会社オービックビジネスコンサルタントの「勘定奉行シリーズ」との連携を相次いで発表した。

【緊急取材】日本から「世界に繋がる」パブリック・ブロックチェーンを。バイナンスをリード投資家に約2.5億円の資金調達したステイクテクノロジーズ渡辺創太氏インタビュー

日本発のパブリックブロックチェーンであるプラズムネットワーク(Plasm Network)の開発企業ステイクテクノロジーズ(Stake Technoloiges Pte Ltd)がバイナンス(Binance)をリード投資家に約2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。 今回の調達にはバイナンスラボ(Binance Labs)をはじめ、ハッシュキー(HashKey)、パカベンチャーズ(PAKA Ventures)、ロングハッシュベンチャーズ(LongHash Ventures)、デジタル・ファイナンス・グループ(Digital Finance Group)ら世界各国の企業が名を連ねる

【徹底解説】IPOを控える米大手仮想通貨取引所「コインベース」が世界に与えるインパクト

2012年創業したコインベースが本格的に上場に向けて動いていることは、アメリカ含め世界各国で大きな話題となっている。2018年の10月にコインベースの企業価値は約8,340億円(80億ドル)と試算されているが、現在はビットコインの価格上昇、ブロックチェーン技術の進展、ユーザー数の増加を含めて、企業価値は1兆円を超えている可能性も考えられる。

ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)業界を牽引する35人の「2021年の展望」

今回は年始の特別企画として、ブロックチェーン・暗号資産業界を牽引する皆様に「2021年の展望」を寄稿いただきました。これからも「あたらしい経済」は日本のブロックチェーン・暗号資産業界を、業界内の皆様と一緒に盛り上げていけるようにメディア運営をしていきたいと思っております

【独占】流動性も分散化して暗号資産市場のインターバンクを目指す。暗号屋・紫竹佑騎が新サービス「Choja」を語る

サイバーエージェントのエンジニアから暗号資産(仮想通貨)取引所の立ち上げと運営を経て、現在も数々のブロックチェーンプロジェクトに関わっている紫竹佑騎氏。そんな紫竹氏が自身の会社である暗号屋から新サービス「Choja」を〇月〇日にローンチした(※あたらしい経済内部のニュース記事にリンク)。その分散型流動性供給システム/分散型マーケットメイクツール「Choja」とは何か? そしてこのサービスを通じてどんな世界を目指すのかについて語っていただいた。