詐欺にダマされないためのブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)講座 (あたらしい経済 × BINANCE CHARITY #CryptoAgainstCovidJapan チャリティ・ウェビナー 6/30 19:00〜)

「#CryptoAgainstCovidJapan」で「あたらしい経済」がウェビナー開催

暗号資産(仮想通貨)取引所「バイナンス(Binance)」の慈善団体「バイナンス チャリティ財団(Blockchain Charity Foundation)」 と暗号資産を活用した寄付プラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネが共催するチャリティ企画「#CryptoAgainstCovidJapan」のマッチングドネーションパートナーである幻冬舎「あたらしい経済」は、ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)初心者向けのチャリティ・ウェブセミナーを開催いたします。

この「#CryptoAgainstCovidJapan」企画は、あたらしい経済の本企画を含め、日本のブロックチェーン企業によって集まった寄付金と同額をバイナンスチャリティ財団が寄付金に加え、日本全国の医療機関に寄贈する医療用マスクや防護具などの購入資金として活用されます。

なお「あたらしい経済」のセミナーの内容はノンプログラマーでも分かる初心者向けのブロックチェーン講座となっています。ぜひこの機会にブロックチェーンを学び、そして暗号資産がもつチャリティの可能性にも触れていただければ嬉しいです。

チャリティ・ウェブセミナーの概要

・セミナータイトル
詐欺にダマされないためのブロックチェーン・暗号資産講座 (あたらしい経済 × BINANCE CHARITY #CryptoAgainstCovidJapan チャリティ・ウェビナー)

・内容
初心者向けブロックチェーン講座(あたらしい経済編集長 設楽悠介)、ダマされないために知っておくべきこと(あたらしい経済編集部員トークセッション)

・開催時間
6/30 19:00-20:30 オンライン開催

・参加費
3000円(税込)※本イベントの収益は諸経費を除いて「#CryptoAgainstCovidJapan」として寄付いたします

・参加方法
こちらのpeatixよりお申し込みください。当日までにpeatixで登録いただいたメールアドレスにZOOMのURLをご連絡します。イベントのオンライン参加にはお客様ご自身でZOOMを閲覧できる環境のご用意が必要です。

→チケットの購入はこちらから(Peatix)

「#CryptoAgainstCovidJapan」について

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する「バイナンス(Binance)」が設立した慈善団体「バイナンス チャリティ財団(Blockchain Charity Foundation)」 と暗号資産を活用した寄付プラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネが共催するマッチングドネーション「#CryptoAgainstCovidJapan」企画。

「#CryptoAgainstCovidJapan」は、このキャンペーンにパートナーとして参加する日本のブロックチェーン企業が集める暗号資産等による寄付金額と同額をバイナンス チャリティ財団が寄付するというもの。

「#CryptoAgainstCovidJapan」で集まった寄付金は、日本全国の医療機関に寄贈する医療用マスクや防護具などの購入資金として活用される。日本のパートナー各社はこのキャンペーンに合わせて提供する専用のイベント・コンテンツ等を通じて寄付金の受付を行い、バイナンス チャリティ財団と合わせて約500万円の寄付金額を目標に掲げ、全国の医療機関の支援活動を展開していく。

→詳細はこちら

 

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

佐賀の古民家から世界で戦えるweb3エンジニアを育成、「ソリディティハウス」とは?(落合渉悟)

エンジニアとしてだけでなく、思想家として、研究者としてマルチに活躍する彼から、ある日「佐賀に遊びに来てください」と編集部に連絡が入った。聞くと、佐賀で古民家を改築し「ソリディティハウス(Solidity House)」なる新たなプロジェクトを開始しているという。

招待制web3イベント「B Dash Crypto」、セッション登壇者発表(10/19-21 @福岡)

インターネット業界の第一線の経営者やキーパーソンが集結する日本最大級の招待制カンファレンス「B Dash Camp 2022 Fall in Fukuoka」が2022年10月19-21日に福岡で開催される。そしてそのイベント内同会場でブロックチェーン・暗号資産などweb3領域に特化したカンファレンス「B Dash Crypto」も同時開催される。

【9/6開催情報 更新】アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

日本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network)」が8月下旬から9月上旬にかけ、東京で連続イベント「Astar Week」を開催する。アスターネットワークのファウンダー渡辺創太氏もイベントに合わせ帰国、各イベントで様々な業界内外のプレイヤーや有識者とディスカッションを行う予定だ。なお「あたらしい経済」も開催協力として本イベントをサポートしている。

【動画公開】日本人起業家らがweb3事業拠点に「スイス」を選ぶ理由は?(松⽥俊宏/藤本真⾐/⼩宮⾃由/岡崇)

スイスと⽇本のテクノロジーにおける産学連携活動を⾏うアカデミックシンクタンク「SEYMOUR INSTITUTE(シーモア インスティテュート)」が、事業拠点としてのスイスの魅⼒を発信する動画「事業拠点としてのスイス、web3産学視察 2022春の報告」を公開した。この動画はスイス政府機関(在⽇スイス⼤使館内)スイス・ビジネス・ハブ・ジャパン投資促進部が協⼒し、スイスを拠点として活動する⽇本の若⼿起業家らが参加している。

Sponsored

【ツイッタースペース】コシノジュンコNFTとは? NFTのこれからの可能性を語る 6/22 20時〜

本プロジェクトに携わっている、and factory Start Up事業部の福田圭太氏、fracton ventures Co-Founder の鈴木雄大氏に、あたらしい経済編集長の設楽悠介が、コシノジュンコNFTについての詳細や、and factoryがNFT事業に参入した理由、今後の展開などについて訊くTwitterスペース・イベントを開催します。