マイクロストラテジーのマイケルセイラー、CEO退任し会長へ、ビットコイン取得戦略は継続

マイクロストラテジーのマイケルセイラー、CEO退任し会長へ

企業としてビットコインの購入を積極的に進めている米ナスダック上場企業のマイクロストラテジー(MicroStrategy)が、同社CEOマイケル・セイラー氏が8月8日付けでCEOを退任することを8月2日に発表した。

現在プレジデントを務めるフォン・レー(Phong Le)氏が新たなCEOとなり、取締役会のメンバーとしても兼務していくという。なおマイケル・セイラー氏は、取締役会会長及び執行役員となる。

そしてマイケル・セイラー氏は執行会長として、主にイノベーションと長期的な企業戦略に注力する一方、取締役会の投資委員会の長としてビットコイン取得戦略の監督を継続する予定とのことだ。

なお2022年6月30日時点で、マイクロストラテジーのデジタル資産(約129,699BTCで構成)の帳簿価額は19億8800万ドル(約2,650億円)で、これは取得以来19億8,900万ドル(約2,650億円)の累積減損損失と1ビットコインあたりの平均帳簿価額約15,326ドル(約204万円)を反映しているとのことだ。

また2022年6月30日時点で、マイクロストラテジーのBTC取得原価は39億7700万ドル(約5,310億円)、時価は24億5100万ドル(約3,270億円)となっており、約15億ドル(約2,000億円)ほどの減損が発生しているようだ。なお同社の1ビットコインあたりの平均取得単価は、約30,664ドル(約4,095,253円)となっている。

マイケル・セイラー氏は、リリースで次のようにコメントしている。

「会長とCEOの役割を分けることで、ビットコインの取得・保有とエンタープライズ分析ソフトウェア事業の成長という2つの企業戦略をよりよく追求できるようになると考えています。私は執行会長として、ビットコインの取得戦略や関連するビットコイン支持の取り組みにより注力することができ、一方、フォンはCEOとして企業運営全般を管理する権限を与えられるでしょう」

フォン・レー氏は、次のようにコメントしている。

「この真に革新的な組織を、社長兼CEOとして率いることができることを光栄に思います。私たちの社員とブランドは素晴らしい勢いをもっています。私は、お客様、株主、パートナー、従業員に対するコミットメントを強化したいと思います。また、エンタープライズ・ソフトウェアとビットコイン獲得戦略の長期的な健全性と成長のために、組織を率いていくことを楽しみにしています」 

参考:マイクロストラテジー
images:Paco Freire / SOPA Images/Sipa U via Reuters Connect
デザイン:設楽悠介

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。