宮城県大崎市プレミアム電子商品券「パタPAY」、Cordaで発行

宮城県大崎市の「パタPAY」がコルダで発行

宮城県大崎市のプレミアム電子商品券「パタPAY」が、まちのわ社が提供するブロックチェーン活用の情報プラットフォームで発行されることが分かった。8月3日、SBIホールディングスが発表した。

まちのわ社はSBIホールディングス、九州電力及び筑邦銀行の3社による合弁会社。まちのわ社が提供する情報プラットフォームの基盤には、米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「Corda(コルダ)」が採用されている。「Corda」は、SBIの子会社SBI R3 Japanが国内の販売およびサポートを行っているブロックチェーンだ。

まちのわ社は、電子食事券をブロックチェーンを活用して電子的に発行することで利用者が申込から購入、決済までの一連の手続きなどをスマートフォンのアプリ上で行うことが可能になると説明している。また精算に必要な手続きの効率化やポストコロナ社会に適応した形で地域経済の活性化および利用者の利便性向上を実現できるとしている。

プレミアム電子商品券「パタPAY」は、大崎市の古川商工会議所による「宝の都・大崎」プレミアム電子商品券事業により発行される。また「パタPAY」にかかる資金決済業務については仙台銀行が行うとのことだ。

発表によると「パタPAY」は5,000円の購入で4割増しの7,000円が使用できる。全30,000セット販売されるとのことで、大崎氏在住者を対象に1名5セットまで購入が可能だという。

購入の申し込みはアプリから9月4日まで対応している。その後9月5日~18日の当選発表と「パタPAY」購販売を経て、今年の12月25日まで使用が可能となっている。

なおこのプラットフォームが宮崎県内に提供されるのは初の事例とのこと。他にも九州地区や島根県、山形県などの自治会で導入されており、今回の導入で30地域目となるとのことだ。

関連ニュース

宮崎県「ひなた認証お食事券」、ブロックチェーン「コルダ(Corda)」活用で電子発行

島根県松江学園通り商店街、ブロックチェーン「コルダ(Corda)」活用で電子商品券「がくえんペイ」発行

山形市、ブロックチェーン「コルダ(Corda)」活用で電子商品券「ベニpay」発行

熊本県天草市、ブロックチェーン「コルダ(Corda)」活用で「子育て特別クーポン」発行へ

福岡県大牟田商工会議所、ブロックチェーン「コルダ」活用プレミアム付商品券発行へ

参考:SBI古川商工会議所仙台銀行
デザイン:一本寿和

images:iStocks/yewkeo・Molnia

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した