ソラナ(SOL)のNFTマーケットプレイス「マジックエデン」、イーサリアムに対応

マジックエデンがイーサリアムにクロスチェーン対応

NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」が、イーサリアム(Ethereum)にマルチチェーン対応することを8月3日発表した。

「マジックエデン」は、ソラナ基盤のNFTのみを扱っているマーケットプレイスだ。ソラナ上で稼働するNFTマーケットプレイスとしては最大手となる。ダップレーダー(DappRadar)によると直近1ヶ月のNFTマーケットプレイス全体ユーザー数ランキングで、大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)に続き2位、そして取引高については3位となっている。(8/3 調べ)。

「マジックエデン」のイーサリアム対応の詳しい日程については、現時点で公開されていないが、NFTのローンチパッドにイーサリアム基盤のNFTを導入する方針。これによりクリエイターは「マジックエデン」でNFTをイーサでミント(鋳造/発行)し販売が出来るようになる。なおサイケデリック アノニマス(Psychedelics Anonymous)の姉妹コレクション「EZU」からスタートする予定とのことだ。

また「マジックエデン」は、イーサリアム基盤のNFTをSOLやクレジットカード、ソラナ基盤のNFTをETHやクレジットカードで購入できるようにする「クロスカレンシー取引プロダクト(cross-currency trading product)」のプライベートベータ版のテストを実行しているとのこと。さらに今後数ヵ月でクロスチェーン取引の分析ツールの提供も予定しているとのことだ。

「マジックエデン」は今年6月、シリーズBラウンドで約177億円(1.3億ドル)の資金調達を完了。企業評価額は約2180億円(16億ドル)に達している。

関連ニュース

「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携

ソラナのNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約177億円調達=報道

Webブラウザ「Brave」のウォレット、ソラナ(SOL)に対応

ソラナ(SOL)、ニューヨークで直営店オープン

NFTパスポート「Quadrata」、イーサリアムでメインネットローンチ

参考:Magic Eden
images:iStocks/Lemon_tm

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored