福岡県大牟田商工会議所、ブロックチェーン「コルダ」活用プレミアム付商品券発行へ

大牟田商工会議所、ブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ

ブロックチェーンを活用したデジタル「プレミアム付商品券」を発行する情報プラットフォームが、新たに福岡県の大牟田商工会議所へ提供されることが11月22日分かった。

なおこのプラットフォームはSBIホールディングス株式会社、九州電力株式会社及び株式会社筑邦銀行の3社による合弁会社「株式会社まちのわ」が提供している。

大牟田商工会議所では同プラットフォームを利用し、 「おおむたミライPay」としてプレミアム付商品券を発行する。スマートフォン専用アプリからの申し込みを11月24日~30日の期間で実施し、抽選販売を行うとのこと。利用については12月1日~2022年2月28日まで対応するとのことだ。なお「おおむたミライPay」の販売総額は2億円で、プレミア率は20%。プレミアを含む発行総額は2.4億円となる。

「おおむたミライPay」の利用方法については、 店舗が掲示するQRコードを、ユーザーがスマホアプリで読み取る「ユーザースキャン方式」となっており、1円単位で支払いが可能とのことだ。

あたらしい経済編集部がSBI ホールディングス株式会社コーポレート・コミュニケーション部の担当者に確認をとったところ、大牟田商工会議所に提供される情報プラットフォームには、米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「Corda(コルダ)」を採用したものが提供されているとのことだ。

なお「Corda」は、SBIの子会社であるSBI R3 Japanが国内での販売およびサポートを行っている。

関連ニュース

福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行

SBI支援のブロックチェーン活用プレミアム付商品券、新たに4地方団体で発行へ

【取材】目黒区商店街連合会、ブロックチェーン活用デジタル共通商品券提供

参考:SBI大牟田商工会議所
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks・LeshkaSmok・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した