【取材】目黒区商店街連合会、ブロックチェーン活用デジタル共通商品券提供

洗足駅商店街で利用できるデジタル共通商品券が発行

東京都の目黒区商店街連合会が、東急目黒線の洗足駅商店街にて利用できるデジタル共通商品券を提供したことが分かった。

ブロックチェーン技術を活用した料理のギフト券・地域商品券発行プラットフォーム「Gotch(ゴッチ)」を運営するエバーコネクトと、目黒区商店街連合会が、地元商店街の店舗で利用できるデジタル共通商品券の提供を開始。その第一弾として、11月6日に洗足で行われた「第11回 のんびりイベント散歩」の完歩賞に600円分のデジタル共通商品券が提供された。

発表によると今回のデジタル共通商品券は、「第11回 のんびりイベント散歩」に事前登録しクイズラリーに答えた参加者だけがデジタル商品券を取得できる仕組みで、これにより二重取得などの不正を防ぐことができるとしている。システムにはエバーコネクトの「Gotch」が利用されている。

イベント参加者はスマートフォンアプリで有効化したデジタル商品券を、参加店舗での商品購入時に店舗のQRコードを読み取り利用できる。

またイベント主催者はリアルタイムでシステム利用状況を把握できる他、日次レポートが自動で届くため、従来の紙で提供していた商品券と比べ、印刷や配布、集計作業等の運用面で業務負荷を軽減できるという。さらに運用を自動化することでオペレーションミスの軽減にも繋がるとのことだ。

なお第二弾として、学芸大学商店連合会の各商店街で利用できる歳末福引セール用の抽選機能付きデジタル福引商品券が提供される予定とのことだ。

エバーコネクトは今後、ギフト券・地域商品券発行プラットフォームのシステム環境をオープン化し、事業会社等へSaaSとして提供し地域のDXを推進していく予定としている。

エバーコネクト株式会社広報担当者へ取材

あたらしい経済編集部がエバーコネクト株式会社の広報担当者へ次の質問を行った。

–今回提供のシステムおよび「Gotch」では、ブロックチェーンは何を採用されていますでしょうか?

採用しているブロックチェーン技術はオープンソースのものに弊社独自技術を加えたものとなります。今後の競合戦略の兼ね合いから、現時点では採用しているブロックチェーン技術の固有名称は公開しておりません。ご了承ください。

–年内に第二弾として学芸大学商店街でのお取り組みが予定されているとのことですが、こちらはいつから開催の予定でしょうか?

学芸大学商店連合会で行う取り組みは、12月上旬を予定しております。日程は今後確定する予定です。

–また第三弾以降は来年に予定されていますでしょうか?

企画段階ではありますが、年明け、または春に第三弾を予定しております。

–洗足と学芸大学の商店街が対象になった理由などありますでしょうか?

目黒区商店街連合会様とのお話の中で、コロナ禍で従来のイベントが行えなくなり、地元地域の活気、活性化を取り戻すために、新しい形でイベントを行いたいという考えのもと、第一弾は商品券のデジタル化自体が初の試みのため、地域と商店街の距離感が近く、目黒区の中でもアットホームで小回りの効くエリアということで洗足エリアが選ばれました。

また第二弾は、DXを促進していく上でより大きな規模で、且つ若者も多くいる学芸大学エリアで行うことが決まりました。

–今回は目黒区商店街連合会との提携をされましたが、他の東京都区など提携は視野にありますでしょうか?

今後は他の区や市町村との提携も視野に入れております。

関連ニュース

福岡県3地域でプレミアム付商品券、ブロックチェーンはR3「corda」採用

NTTデータとインフキィリオンが共同で地域通貨/プレミアム商品券電子化ウォレットサービス提供を開始

参考:目黒区商店街連合会
デザイン:一本寿和
images:iStocks/yewkeo・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored