福岡県3地域でプレミアム付商品券、ブロックチェーンはR3「corda」採用

ブロックチェーン活用プレミアム付商品券、新たに福岡県の3団体で発行へ

ブロックチェーンを活用した「プレミアム付商品券」を電子化する情報プラットフォームが、新たに福岡県の地方3団体へ提供されることが10月1日分かった。

このプラットフォームはSBIホールディングス株式会社、九州電力株式会社及び株式会社筑邦銀行の3社による合弁会社「株式会社まちのわ」が提供している。

このプラットフォームが新たに提供されるのは福岡県久留米市の田主丸町(たぬしまるまち)商工会、福岡県柳川(やながわ)市の柳川商工会議所、福岡県小郡(おごおり)市の小郡市商工会の3団体だ。

各団体でプレミアム付商品券は、田主丸町商工会では名称を「かっぱペイ」として10月1日より申し込み開始、柳川商工会議所では「柳川藩札」として同じく10月1日より申し込み開始、小郡市商工会では「将軍藤小判」として10月11日より申し込み開始される。

開発基盤が「Orb DLT」から「corda」に

またSBIホールディングスは10月1日に「まちのわ」の提供するプレミアム付商品券の電子化サービス向けに、エンタープライズ向けブロックチェーン「Corda(コルダ)」を採用したことを発表した。

「Corda」は米R3社が設計・開発を行っており、日本での販売とサポートはSBIHDの関連会社であるSBI R3 Japan株式会社が担当しているブロックチェーンだ。

今まで、まちのわをはじめ、SBIHDらが地方団体へ提供してきた「プレミアム付商品券」を電子化する情報プラットフォームは株式会社Orb(オーブ)が開発する分散型台帳技術「Orb DLT」がシステム基盤に採用されていた。

あたらしい経済編集部がSBIの担当者へ確認を取ったところ、今後まちのわが提供するのは「Orb DLT」基盤から「Corda」基盤へ切り替えたプラットフォームになるとのことだ。また担当者によると、今回プラットフォーム提供を発表した3団体については「Corda」基盤のプラットフォームが提供されているとのことだ。

関連ニュース

SBI支援のブロックチェーン活用プレミアム付商品券、新たに4地方団体で発行へ

愛媛県西条商工会議所、ブロックチェーンでプレミアム付電子商品券発行

参考:プレミアム付商品券の電子化に向けた情報プラットフォームの提供について 新たに3団体が導入決定株式会社まちのわが提供するプレミアム付電子商品券発行支援サービス へのCordaを使用したブロックチェーン決済基盤の提供について
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kuppa_rock・LeshkaSmok・dalebo

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行