愛媛県西条商工会議所、ブロックチェーンでプレミアム付電子商品券発行

愛媛県西条商工会議所、ブロックチェーンでプレミアム付電子商品券発行

愛媛県西条商工会議所がブロックチェーンを活用したプレミアム付電子商品券「デジタル石鎚藩札(いしづちはんさつ)」を来月発行することがわかった。

株式会社まちのわが、株式会社愛媛銀行の協力のもと、デジタル商品券や地域ポイントを発行・運用するための情報プラットフォーム「まちの縁」を、愛媛県西条商工会議所へ提供開始することを8月25日発表した。

株式会社まちのわは、SBIホールディングス株式会社、九州電力株式会社及び株式会社筑邦銀行の3社による合弁会社。地域のデジタル化を推進する地域情報プラットフォームを活用し、ブロックチェーン/分散台帳技術を活用したプレミアム付電子商品券・地域通貨等を発行・運用するサービスをはじめ、地方創生及び地域経済の活性化を推進する事業を展開している。

今回まちのわは、西条商工会議所の「西条市プレミアム付地域応援券発行管理運営業務」を受託し、従来の紙のプレミアム付商品券「石鎚藩札」の発行に加え、「石鎚藩札」を電子化した「デジタル石鎚藩札」を発行管理運用を行うとのことだ。

「デジタル石鎚藩札」の販売期間は9月1日から2022年1月15日で、利用は1月31日までとなっている。なお「デジタル石鎚藩札」の発行総額はプレミア額1億円を含め5億円分が発行されることになっている。

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStocks/yewkeo・Molnia

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論