オーケーコインジャパンにエンジンコイン(ENJ)上場へ、板取引は国内初

オーケーコインジャパンがエンジンコイン(ENJ)上場

国内暗号資産取引所オーケーコイン・ジャパンに、暗号資産(仮想通貨)エンジンコイン(ENJ)が上場することが11月9日分かった。

なお同社が新たに暗号資産を取り扱うのは9月に発表したアイオーエスティー(IOST)以来となる。また国内取引所においてエンジンコインの取り扱いはコインチェックとGMOコインに続き3例目だ。

発表によるとエンジンコインの取り扱いは同社の「暗号資産取引所」にて11月15日より開始する予定とのこと。なおエンジンコインの板取引での取り扱いは国内初の事例だ。入庫受付開始日時は11月15日17時から、現物取引開始日時は11月18日17時からとなっている。

オーケーコイン・ジャパンではエンジンコイン上場により、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、リスク(LSK)、オーケービー(OKB)、アイオーエスティー(IOST)を含め全10銘柄を取り扱う事となる。

関連ニュース

オーケーコインジャパン、暗号資産IOST上場へ

GMOコインが暗号資産エンジンコイン(ENJ)を取り扱い開始

【コインチェック広報にENJ選定理由も取材】国内初、コインチェックが暗号資産Enjin Coin(ENJ)を取扱開始へ

参考:OKCOIN
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored