【コインチェック広報にENJ選定理由も取材】国内初、コインチェックが暗号資産Enjin Coin(ENJ)を取扱開始へ

コインチェックがエンジンコインを取り扱い開始へ

コインチェック株式会社が同社運営の暗号資産(仮想通貨)取引所Coincheckにて、新たに暗号資産エンジンコイン(Enjin Coin:ENJ)の取扱いを1月26日より開始する予定であることを1月19日発表した。

エンジンコインの取り扱いは国内の暗号資産取引所としてCoincheckが初の事例となる。

今回Coincheckでエンジンコインの取り扱いを開始するサービスは、CoincheckのWEB版とアプリ版における送金・受取・購入・売却、WEB版のCoincheck貸仮想通貨、同じくWEB版のCoincheckつみたてとなっている。

今回の新規通貨取り扱いでCoincheckの取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)リスク(LSK)ファクタム(FTC)リップル(XRP)ネム(XEM)ライトコイン(LTC)モナコイン(MONA)ステラルーメン(XLM)クアンタム(QTEM)ベーシックアテンショントークン(BAT)アイオーエスティー(IOST)にエンジンコイン(ENJ)が加わり、合計15銘柄となる予定だ。

Coincheckの暗号資産取り扱い銘柄数は、国内の暗号資産交換業者として引き続き最多となっている。

なおCoincheckの新規取り扱い銘柄の発表は、昨年9月に上場したアイオーエスティー(IOST)以来だ。

以下2021.1.19 14:20追記

コインチェックのエンジンコイン選定理由(追記)

あたらしい経済は今回の発表に合わせ、コインチェック株式会社の広報担当者にエンジンコインの選定理由について以下のコメントを貰った。

ENJは、国外では多くの取引所で取り扱われており、 時価総額も比較的高い暗号資産です。

そのため、 ENJを取り扱うことでより多くの方にCoincheckをご利用いただけると考え選定いたしました。

また、Enjinの提供するプラットフォームは、すでに多くのブロックチェーンゲームで活用されており、そのプラットフォーム内で利用されるENJは、当社が2020年度中にローンチ予定であるNFTマーケットプレイスと顧客層において親和性の高い通貨であると考えております。(コインチェック広報担当者)

編集部のコメント

エンジンコインは、ブロックチェーン資産発行プラットフォーム「Enjin Platform」で利用される暗号資産です。 エンジンコインは「Enjin Platform」によって発行されたデジタル資産であるNFT(Non-fungible token)の購入に利用することや、エンジンコインを裏付けにNFTの発行が可能です。またエンジンコインの特徴の1つである「メルト(溶解)機能」により、不要となったNFTをエンジンコインに戻せるのも特徴です。

「Enjin Platform」では、イーサリアム(Ethereum)のERC-1155トークン規格を用いたデジタル資産の発行ができ、「Enjin Platform」の使用により開発者は、単一のスマートコントラクトでファンジブルトークンとNFTのどちらも発行できます。

コインチェック株式会社は、同社のNFTマーケットプレイス事業において「Enjin Platform」を提供するEnjin(エンジン) Pte Ltd.と連携を開始したことを昨年9月9日に発表しています。

「Enjin Platform」は、マイクロソフトが提供している大人気ゲーム「マインクラフト(Minecraft)」をはじめとする35種類のゲームとNFTの発行において連携しています。

9月のコインチェックとエンジンの連携は、「マインクラフト」で利用可能なNFTを「Enjin Platform」を通じて発行し、そのNFTをコインチェックが2020年度内のサービス提供開始を予定しているNFTマーケットプレイスにおいて取扱うことを目指したものです。

またエンジン社は昨日1月18日にも株式会社グラコネとNFTによるチャリティープロジェクト開始を発表しており、日本での活動を広めている印象です。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米スクエアがデジタル銀行子会社の営業開始、女性経営者企業などにさらなる金融機会を

米決済企業大手スクエア(Square)のデジタル銀行子会社のスクエア・ファイナンシャル・サービス(Square Financial Services)が、米連邦預金保険公社(FDIC)およびユタ州金融機関局との承認手続きを完了し、3月1日より正式に営業を開始したことを発表した。

ハッシュポートが東京大学エッジキャピタルパートナーズとセレスより3.5億円の資金調達

ブロックチェーン分野のコンサルティングを提供する株式会社HashPort(ハッシュポート)が、株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)の運営するUTEC4号投資事業有限責任組合、及び株式会社セレスを引受先とし、総額約3.5億円の資金調達を実施したことを3月2日発表した。

スマートアプリが国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスリリースへ

デジタルトークン(NFT:ノンファンジブルトークン)を活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリが、国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスを3月15日より開始することを3月2日発表した。

ゴールドマンサックス、ビットコイン先物取引などをアメリカで再開か

ゴールドマン・サックス・グループが暗号資産(仮想通貨)の取引デスクを再開し、来週から顧客向けのビットコイン先物取引とノンデリバラブル・フォワードの取引を開始するとロイター通信が報じた。この件に詳しい関係者がロイター通信に語ったことで明らかになった。

【取材】プラズムネットワーク(Plasm Network)のステイクが暗号資産取引所「OKEx」から資⾦調達(ステイクテクノロジーズ CEO 渡辺創太氏)

⽇本発のパブリックブロックチェーンである「Plasm Network(プラズムネットワーク)」の開発をリードするStake Technologies(ステイクテクノロジーズ)が世界的な暗号資産取引所である「OKEx」が組成した約100億円ファンドである「Block Dream Fund」から資⾦調達を実施したことを発表

集英社『ONE PIECE』などマンガ原画がBC基盤活用し販売開始、HSBCがGoogle Cloud上でCordaを利用可能になどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

【取材】集英社が『ONE PIECE』などのマンガ原画をブロックチェーン基盤「Startbahn Cert.」を活用し販売開始(スタートバーン代表取締役 施井泰平氏)、英HSBCがGoogle Cloud上でCordaを利用可能に、ジャックドーシーやウィンクルボス兄弟が資金提供、MITメディアラボがビットコインのセキュリティに関する取り組み開始、プラズムネットワーク(Plasm Network)がUCバークレーのブロックチェーンアクセラレーションプログラム公式スポンサーに就任、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が郵便管理クラウド「atena」と協業開始を発表、スターターパッケージも発表、【取材】LayerXが元DMM CTO松本勇気氏を代表取締役CTOに選任(取締役 榎本悠介氏、代表取締役CTO松本勇気氏)