バイデン次期大統領が米証券取引委員会(SEC)の新委員長にゲイリー・ゲンスラー氏を正式に指名

バイデン次期大統領がSECの新委員長にゲイリー・ゲンスラー氏を正式指名

ジョー・バイデン次期米国大統領が米証券取引委員会(SEC)の新委員長にゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)氏を正式に指名したことが1月18日発表された。

ゲンスラー氏は米金融大手のゴールドマン・サックス出身で、クリントン政権下の1999年から2001年に財務次官(国内金融担当)を務めたほか、オバマ政権では米商品先物取引委員会(CFTC)の委員長に起用された。また同氏は2016年の米大統領選でヒラリー・クリントン氏陣営の財務責任者を務めている人物だ。

またゲンスラー氏はマサチューセッツ工科大学(MIT)のグローバル経済学の教授やデジタル通貨イニシアチブのシニアアドバイザーなども務めており、同大学ではビットコインやブロックチェーンが金融領域でどのように使われていくかに関する授業を行っている。また米フェイスブック(Facebook)主導のデジタル通貨「Libra:リブラ(現Diem:ディエム)」構想を巡って、専門家の一人として米議会で証言を求められたこともある。

その後ゲンスラー氏は、2020年の大統領選後にバイデン氏の金融政策移行チームにトップとして参画していた。

報道によると今回のゲンスラー氏の指名は、オバマ政権下でリーマン危機後の金融規制強化を主導した実績などを買われたとのことだ。

今後ゲンスラー氏は上院議会の承認を得た上で、SEC委員長、金融監督当局トップに就任する。

(images:iStock/gstraub・Pict-Rider)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達