コインチェックが大人気ゲーム「マインクラフト」内で利用可能なNFTの取扱いに向けEnjin(エンジン)と連携を開始

コインチェックが大人気ゲーム「マインクラフト」内で利用可能なNFTの取扱いに向けEnjin(エンジン)と連携を開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所Coincheckを運営するコインチェック株式会社が、同社のNFT(Non-fungible-token)マーケットプレイス事業においてEnjin(エンジン) Pte Ltd.と連携を開始したことを9月9日発表した。

この連携は、大人気ゲーム「マインクラフト(Minecraft)」で利用可能なNFTをEnjinの提供するブロックチェーン資産発行ツール「Enjin Platform」を通じて発行し、そのNFTをコインチェックが2020年度内のサービス提供開始を予定しているNFTマーケットプレイスにおいて取扱うことを目指したものであるとのことだ。

プレリリースによると「Enjin Platform」は、イーサリアム(Ethereum)のERC-1155トークン規格を用いたブロックチェーン資産発行プラットフォームである。「Enjin Platform」の使用により開発者は、単一のスマートコントラクトでファンジブルトークンとNFTのどちらも発行することができる。

またEnjinはオープンソースのプラグインツール「EnjinCraft」を提供しており、「EnjinCraft」をサーバーに導入することで「マインクラフト」とブロックチェーンの連携ができるとのこと。これによりプレイヤーは「Enjin Platform」によって発行されたNFTをゲーム内で使用するだけでなく資産の一部として管理し、マーケットプレイスを通じて安全なP2P取引を行うことができるとのことだ。

編集部のコメント

コインチェック株式会社は、先月8月27日に「NFTマーケットプレイス」の事業化について検討を開始したことを発表していました。コインチェックは同日27日より「NFTマーケットプレイス」への参加企業の募集を開始していました。

今回のニュースはコインチェックの「NFTマーケットプレイス」へ参加する企業として、コインチェックとEnjin Pte Ltd.が連携を開始したということになります。

コインチェックが「NFTマーケットプレイス」を展開することで、ユーザーは秘密鍵の管理をすることなく安全に取引ができることや、NFTを発行する企業は登録ユーザー数208万超で国内No.1のアプリダウンロード数300万以上を誇るCoincheckのユーザーへアプローチすることが可能となり、NFTの流通促進などが期待できるということです。

月間プレイヤー数1.2億、累計販売本数2億本を超える大人気ゲーム「マインクラフト」とコインチェックが連携することは、日本のゲーム市場において大きな変化をもたらす出来事になるのではないかと期待をしています。

ERC-1155はEnjinのCTOであるWitek Radomski(ウィテック・ラドンスキー)氏により考案されたイーサリアムのトークン規格です。2019年6月18日にトークンの規格として認められています。


ERC-20はイーサリアム上で通貨としてのトークンを発行するための規格で、ERC-721はトークンに様々な情報を付け加えることにより唯一無二の価値を持ったトークンを発行するための規格です。ERC-1155はERC-20とERC-721の2つの規格の特徴を合わせ持ったハイブリットな規格で、今までERC-20やERC-721などの規格では1つのコントラクトから1種類のトークンの作成と管理しかできませんでしたが、ERC-1155では1つのコントラクトで複数のトークンを扱うことができます。

ERC-20やERC-721ではトークンをひとつづつしか送ることが出来ませんでしたが、ERC-1155では複数のトークンを一度に送れたり、複数の相手に同時にトークンを送ることができます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored