(コインチェック専門役員大塚雄介氏コメントあり)コインチェックがバーチャル株主総会の運営を支援するサービス「Sharely(シェアリー)」の提供開始を発表

コインチェックがバーチャル株主総会の運営を支援するサービス「Sharely(シェアリー)」の提供開始を発表

コインチェック株式会社がバーチャル株主総会の運営を支援するサービス「Sharely(シェアリー)」の本格提供を開始したことを発表した。

「Sharely」は企業が滞りなく株主総会をオンライン開催でき、株主が滞りなくオンライン参加できるようバーチャル株主総会の運営を総合的に支援するサービスとのこと。そして「Sharely」は「出席型」、「参加型」のどちらのバーチャル株主総会にも対応可能なクラウドシステムの提供に加え、バーチャル株主総会に合わせたシナリオや運営方法の提案、当日の運営サポートなども提供しているとのことだ。

コインチェックは「Sharely」のサービス発表した6月からの3ヶ月間で「Sharely」のサービス設計、システムの開発を行った。そしてすでに上場企業複数社に「Sharely」が導入されているとのこと。

「Sharely」の特徴は「参加型から出席型まで対応可能、既存の業者との連携が可能、企業それぞれのニーズに合わせてカスタマイズ可能、経済産業省の実務ガイドライン準拠したシナリオの提案や運営サポート」とのことだ。そして主な機能は「リアルタイムに状況がわかる議決権行使機能、株主からの質問受付・回答チャット機能、登壇者のリモート参加も可能な動画配信機能 、 資料配布機能、株主のなりすまし防止機能」と発表されている。

あたらしい経済編集部は株式会社コインチェック専門役員の大塚雄介氏に取材を行った。

コインチェック専門役員の大塚雄介氏へ取材

ー販売所・取引所の事業と「Sharely」は、具体的にどのようなシナジーがあり、生まれてくると考えていますでしょうか。

現段階では私たちの販売所・取引所事業とSharelyはお客様にとって、大きなシナジーはありませんが、ただこれまでコインチェックが会社・事業運営を通して培ってきた知見とのシナジー、そして親会社のマネックスグループとのシナジーが強く生まれてくると考えております。

ーすでに上場企業数社に導入されているとプレスリリースで記載されていますが、導入された企業の感想などをご共有していただければ幸いです。


企業様は株主総会は年に1回しか行われないもので、失敗することができないものだと認識されています。

そして「Sharely」を利用してくださった企業様は「Sharely」を導入したことによって、オンライン株主総会の実行にあたり難しかった技術的な点を「Sharely」チームにサポートしていただくことができ、オンライン株主総会当日の運営も滞りなくサポートしてくれた点も非常に嬉しく思っています、とコメントをいただいております。

さらにオンライン株主総会によって、株主が株主総会の場に行かずとも参加できるようになり、株主の株主総会への参加率が高まり、経営者のビジョンを株主の皆様に届ける機会が生まれやすくなり株の長期保有の可能性が高まるのではないかと「Sharely」導入企業様はコメントしてくださいました。

編集:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/kentoh・Nattapon-Kongbunmee)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州中央銀行がステーブルコインのリスク指摘、業界有識者らFinCEN文書を非難、アモニカブランズのゲームがダッパーラボのBCフロウに移行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行(ECB)がステーブルコインのリスクを指摘、暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難、アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行、米CIAがブロックチェーンなどの新技術の開発研究をする「CIAラボ」設立

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。