バイナンスでAmp(AMP)とPlayDapp(PLA)上場

バイナンスでAMPとPLA上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に、暗号資産アンプ:Amp(AMP)とプレイダップ:PlayDapp(PLA)が上場することが11月23日分かった。バイナンスでは22日にジャスミーコイン:JasmyCoin(JASMY:ジャスミー)の上場が発表されたばかりだった。

発表によるとAMPおよびPLAは11月23日6:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されるとのこと。取引ペアについてはAMP / BTC、AMP / BNB、AMP / BUSD、AMP / USDT、PLA / BTC、PLA / BNB、PLA / BUSD、PLA / USDTとなっている。

なお両銘柄の入金については、取引の準備の為に既に可能となっており、引き出しについては11月24日6:00より開始される。

各暗号資産について

AMPは、販売業者(マーチャント)が実店舗などで暗号資産での支払いを可能にする「Flexa Network(フレクサネットワーク)」のネイティブトークンだ。ユーザーはフレクサでビットコインなどの暗号資産を使用して商品やサービスへの支払いができ、販売業者は法定通貨で支払いを受け取ることができる。なおAMPはイーサリアム上に構築されたERC-20規格のトークンとなる。

現在AMPはコインベース(Coinbase Exchange)、ゲート(Gate.io)、ビットトレックス(Bittrex)、クリプトドットコム(Crypto.com Exchange)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やゼロエックスプロトコル(0x Protocol)、スシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。時価総額は約3,280億円となっている(11/24 11:00コインマーケットキャップ調べ)。

プレイダップはブロックチェーンゲームプラットフォームおよびNFTマーケットプレイスで、PLAは同プラットフォームのゲーム開発者への報酬や取引手数料に用いられるイーサリアム基盤のトークンだ。

現在PLAはコインベース(Coinbase Exchange)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)、クリプトドットコム(Crypto.com Exchange)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。時価総額は約800億円となっている(11/24 11:30コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

バイナンス、「ジャスミーコイン(JASMY)」を上場

バイナンス、アバランチ上のレンディングプロトコル「BENQI(QI)」を上場

Gitcoin(GTC)、Enzyme Token(MLN)、Amp(AMP)、コインベースプロに上場へ

コインベースプロでAlchemy Pay(ACH)、PlayDapp(PLA)、Rai Reflex Index(RAI)上場

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ