熊本県天草市、ブロックチェーン「コルダ(Corda)」活用で「子育て特別クーポン」発行へ

熊本県天草市が電子商品券発行へ

ブロックチェーンを活用したデジタル「プレミアム付商品券」を発行する情報プラットフォームが、新たに熊本県天草市へ提供されることが2月28日分かった。

なおこのプラットフォームはSBIホールディングス株式会社、九州電力株式会社及び株式会社筑邦銀行の3社による合弁会社「株式会社まちのわ」が提供している。

またこの情報プラットフォーム基盤には、米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「Corda(コルダ)」が採用されている。「Corda」は、SBIの子会社であるSBI R3 Japanが国内での販売およびサポートを行っているブロックチェーンだ。

ブロックチェーン/分散台帳技術を活用して地域通貨や商品券を電子的に発行することで、利用者は、申込から購入(チャージ)、決済までの一連の手続きなどをスマートフォンのアプリ上で行うことが可能となるという。

天草市の経済部産業政策課へ確認を取ったところ、この情報プラットフォームを利用して、独自の電子商品券スマホアプリ「天草のさりー」を提供するとのこと。

同アプリでは、スタートキャンペーン参加者に1人当たり3,000円分の電子商品券が進呈される他、対象児童1人あたり5万円分支給される「子育て特別クーポン」の電子版が利用できるとのこと。これらクーポンの利用は市内の対象店舗となる。

すでに利用申し込みなどは始まっており、電子クーポンの利用は3月上旬から開始するとのことだ。

なお紙クーポンでなく、電子クーポンを選択すると受給を3月、5月、7月の最大3回に分けることもできるとのことだ。これにより、紙であれば8月31日までの使用期限が12月31日まで延長もできるようだ。

関連ニュース

福岡県大牟田商工会議所、ブロックチェーン「コルダ」活用プレミアム付商品券発行へ

福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ

愛媛県西条商工会議所、ブロックチェーンでプレミアム付電子商品券発行

学芸大学商店連合会、ブロックチェーン活用「デジタル共通商品券」提供

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Sasiistock・LeshkaSmok・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない